メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

みちのく経済【私の転機】

復興めざす姿 インタビュー

写真: 拡大

 ●復興ライター(福島・郡山市)武田悦江さん(53)

 震災と原発事故から復興を目指す福島の姿を多くの人たちに伝えたい。そんな思いで住民や行政の動きを発信しています。昨年は、住民の避難が続く福島県双葉町の復興支援員を取材し、NPO法人が発刊する「東北復興新聞」に記事が掲載されました。

 もともと書く仕事をしていたわけではありません。16年前、夫の転勤で同県郡山市に移り住んだのがきっかけです。埼玉県出身で、福島には親戚も友人もいない。3歳の長男と二人きりで夫の帰りを待つ生活に寂しさを感じていました。

 自分のペースで仕事がしたいと思い、パソコンを使って通販サイトの広告記事を書き始めました。2003年には地域の身近な話題を取材して新聞の地方版に掲載する仕事もスタート。取材先を通じて知り合った出版社の社長から依頼があり、10年には郡山周辺の散歩コースを紹介する本を出版しました。家族にほめられ、充実感はありましたが、作品を手がけた達成感は得られませんでした。

 震災の取材を通じ、ライターとしての自信が深まりました。直後の6月、福島の会津地方や浜通りを車で1カ月間走り回り、復興に向けて奮闘する23人にインタビューしました。農業の復興を目指す農家、避難者を受け入れた旅館の主人。困難を背負いながら前へ進もうとする姿を1冊の本にまとめました。読者から「励まされた」とメールで感想も寄せられました。

 昨年から公民館などで自分史の講座を開いています。住民が震災や原発事故に向き合った記憶を残すことは貴重な財産になるはずです。(聞き手・鹿野幹男)

 ◆たけだ・よしえ 埼玉県鴻巣市出身。2012年にインタビュー集「福島県民23人の声」を出版。福島の復興を伝える使命感から、登録商標「福興ライター」を取得し活動する。

ここから広告です

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ホームパーティで力を発揮

    最速6分で! 高速製氷マシン

  • 写真

    【&TRAVEL】からり、さくりと旬の串揚げ

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】「キン肉マン酒場」オープン

    激辛料理に悶絶<PR>

  • 写真

    【&w】SK-兇離櫂奪廛▲奪廛好肇

    ビューティー×AR体験〈PR〉

  • 写真

    好書好日実は昭和の肝っ玉母さん?

    モデル・亜希さん、家族語る

  • 写真

    WEBRONZA米国気候変動評価が示す現実

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン最高の眺めと最高のグルメ

    日本を代表するイタリアン

  • 写真

    T JAPAN坂東玉三郎が舞台に託す思い

    難役「阿古屋」を継承する

  • 写真

    GLOBE+ホワイトハウスが暗くなった

    カメラマンが気づいたある変化

  • 写真

    sippoストーブ猫には虐待の過去

    その姿が男の人生を変えた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ