メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

みちのく経済【見聞録】

お盆、亡き人に寄せる思い

 怖い話は苦手だ。そんな私が怪談を聞きに行ったのは、告知記事を書いたときに聞いた「救われる文学」という言葉が気になったからだ。

 会場は宮城県東松島市の古民家。電気が消された部屋は闇に包まれ、庭園の木の影が怪しく浮かぶ。でもそこは、温かさに満ちていた。

 宮城県石巻市出身の役者、芝原弘さんらが読んだのは、東日本大震災にまつわる怪異譚。東北の作家が聞き、体験し、創作した45編を集めた「渚にて あの日からのみちのく怪談」(荒蝦夷)から選んだ。

 わが子の幽霊話を聞いた父親は「幽霊でも怨霊でも祟りでも、皆この町に居ればいい」と言った。「母はなぜ出てきてくれないのか」と怒る男性の前に現れた白い人影の口元は、「ごめんね」と動いた。逝った人、残された人。愛する人へのそれぞれの思いがこもっていた。

 もうすぐお盆。生者と死者の距離が近くなる。どんな形でもいい。昨年亡くなった祖母に私も会いたい。

ここから広告です

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】元ギターキッズにおすすめ!

    マーシャル感満点のイヤホン

  • 写真

    【&TRAVEL】“黒魔術”の島で不思議体験

    楽園ビーチ探訪

  • 写真

    【&M】自分でネジ締めできますか

    キャンプ車のタイヤチェック

  • 写真

    【&w】年の初めを迎えるしめかざり

    美しい日本の文化

  • 写真

    好書好日野宮真貴の着こなし術が満載

    “手作り”「おしゃれかるた」

  • 写真

    WEBRONZA『まんぷく』の塩作りに異論

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンハワイ島で過ごす最高の時間

    人気ホテルがリニューアル

  • 写真

    T JAPAN表現者がまとう、ダイヤモンド

    朝吹真理子、中村祥子らが競演

  • 写真

    GLOBE+黄色いベスト、どこから来た

    GLOBE編集長が解説

  • 写真

    sippo日本の冬といえば「こたつ」

    猫専用こたつを試してみた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ