メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

みちのく経済【挑む】

日本ならではのヒジャブを

写真: 拡大

 ●「WATASI JAPAN」代表(福島県・白河市)名和淳子さん(41)

 イスラム教徒の女性がかぶるヒジャブを販売する会社を1年前に立ち上げました。14年間務めた農業関連の会社で、長女の出産を理由に「土日に働けないのなら、パートになってほしい」と言われ、心外に思い辞めたことが起業のきっかけです。

 育児を通じて知り合ったママ友の中には、能力があるのに子どもがいるために社員になれない人がたくさんいると気がつきました。このような人の力を使って何かできないかと考えました。

 東京農業大の学生時代、1年間マレーシアで熱帯果実を栽培していたことがあります。敬虔(けいけん)なイスラム教徒が多い地域でした。自分だけの経験がないかと考えた時にこのことを思い出し、日本でヒジャブを作ったら面白いと思いました。

 白河市にある産業支援センターの一室を借りて、ヒジャブを作っています。ママ友が裁縫をし、細やかな技術を生かした商品を提供したい。子育てと仕事の両立を目指します。

 本格的な販売はまだですが、将来はインドネシアとマレーシアでの販売を目指しています。ヒジャブにも流行があります。インドネシア人は「紫色と黄色」といった日本人からするとあり得ない配色を好みます。マレーシア人はもう少し地味な色の方が受けますね。トレンドをつかむため、現地での情報収集に力を入れています。

 郡山市の画家に描いてもらった桜をあしらったヒジャブをはじめ、日本ならではの商品を作りたい。世界の4人に1人はイスラム教徒。大きな可能性を感じています。(聞き手・小泉浩樹)

 ◆なわ・じゅんこ 1975年生まれ。横浜市出身。東京農業大卒業。2016年2月に「WATASI JAPAN」設立。社名には「私」「渡し」「輪足し」の意味を込めた。

PR情報

ここから広告です

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    やっぱりCDも聞きたい!

    BT対応の真空管ミニコンポ

  • 写真

    【&TRAVEL】“破格”の世界一周クルーズ

    JTBが実現〈PR〉

  • 写真

    【&M】恋に落ちる!炒飯

    麻布長江 香福筵

  • 写真

    【&w】家族それぞれの空間をつくる

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム最後の長編小説と思っている

    「今度生まれたら小説家に…」

  • 写真

    WEBRONZA沖縄深掘りサイト「OKIRON」

    TBS松原キャスターら立ち上げ

  • 写真

    アエラスタイルマガジンタイのおしゃれ過ぎるホテル

    セレブ一家の感性を形に

  • 写真

    T JAPANパレスホテル東京で楽しむ

    カクテルの新感覚マリアージュ

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃から76年

    瀬戸内寂聴「逃げることも勇気よ」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ