メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

東日本大震災 7年

元の生活戻れるか 悩む村民

写真:学生の見本になるよう、カウンターにニスを塗る島抜年秋さん(左)=福島県三春町 拡大学生の見本になるよう、カウンターにニスを塗る島抜年秋さん(左)=福島県三春町

 ●県、葛尾村野行地区の復興拠点計画案に同意

 阿武隈山系にある福島県葛尾村のなかで、帰還困難区域の野行地区は戦前、戦後にかけて開拓が進められた。県は12日、村がまとめた野行地区の特定復興再生拠点(復興拠点)計画案に同意した。村は近く国に申請し、2022年春ごろまでの避難指示解除をめざす。だが、元の生活に戻れるかどうか、村民も半信半疑だ。

 3月29日、三春町の復興公営住宅の一角にある木工場「夢工房葛桜(かつろう)」。島抜年秋さん(68)ら野行地区で生まれ、育ったメンバーの指導で、葛尾村と復興まちづくりの協定を結ぶ日大工学部(郡山市)の学生たちが家具作りに取り組んだ。6月、村に開館する復興交流館で使う。

 古民家の廃材にニスを塗る手を休め、島抜さんが言った。「村の将来なんて知ったこっちゃねえという気持ちもある。でもやっぱり古里だから、これからどう復興するのか気になる」

 ●宅地・農地を整備

 復興拠点の計画案は、野行地区の約95ヘクタールを「中心地区再生ゾーン」と「農業再生ゾーン」に分け、住民の活動拠点となる集会場を復旧したり、農地や農業水利施設を整備したりする。

 島抜さんの父親は戦後、野行地区で自宅を建てた。小学校高学年のころ13人家族だった島抜さんは中学を卒業後、集団就職で上京。東京五輪後の経済成長で沸いていた東京で大工をした。父親が亡くなり、母親のチヨ子さんが一人暮らしになったため、30歳で帰郷した。

 おじの会社で土木作業員をした。福島第一原発、第二原発の建屋の周りの草刈りや進入路整備などにも携わった。東京で出会った妻の文子さんとともに、2人の子どもを野行地区で育てた。

 そして東日本大震災と原発事故。三春町の仮設住宅に家族で身を寄せた。甲状腺がんの治療を続けていた島抜さんを、文子さんは「のんびりいきましょう」と気遣った。そんな文子さんが震災1年後の3月、急病で亡くなった。54歳だった。

 島抜さんが野行地区の自宅を訪れたのは昨年秋が最後だ。室内はイノシシなどの野生動物によって荒れ放題になっていた。今年3月下旬、先祖や文子さんが眠る墓を訪れたが、自宅には寄らなかった。

 チヨ子さんは郡山市の高齢者施設に入所している。島抜さんは三春町の復興公営住宅で一人暮らし。「夢工房葛桜」で木工細工に励むほか、お年寄りを買い物や病院に送る仕事を請け負っている。

 ●「答え見えない」

 野行地区の復興拠点は国費で除染される。「放射線量は下がるでしょう。だけど元々、線量が高い地域だから、いくら大丈夫といっても、子や孫、友人が安心して訪ねてくれるか。農業を再開しても風評はなかなか消えないのではないか」

 篠木弘村長は復興拠点について、「住民の思いをしっかり受け止めて対応したい」と話す。避難生活を送る野行地区の人口は34世帯111人(1日現在)。避難指示解除から5年後には80人の居住人口を目標としている。

 だが、島抜さんは苦渋の表情を浮かべて言う。「俺は帰りたいのか、帰るなら一人でポツンと帰るのか。どうしたいのか。避難から7年たって、答えが見えなくなった」(高田誠)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ