メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第100回全国高校野球選手権記念大会】

100回目の夏 プレーボール

写真:本宮―いわき海星 七回裏いわき海星2死一、二塁、草野の中前適時打で二塁走者滝口が生還し、次打者水野とタッチ=いわきグリーン 拡大本宮―いわき海星 七回裏いわき海星2死一、二塁、草野の中前適時打で二塁走者滝口が生還し、次打者水野とタッチ=いわきグリーン

写真:いわき海星の水野太智君 拡大いわき海星の水野太智君

写真:先発した本宮の斎藤秀顕投手 拡大先発した本宮の斎藤秀顕投手

 ●いわき海星 完封勝ち

 100回目の「夏」が始まった。福島大会は7日、いわき市のいわきグリーンスタジアムに83校・78チームがそろい、開会式が行われた。開幕試合は、いわき海星が岩崎智弥投手の好投で本宮に完封勝ち。8、9日は5球場で1、2回戦計25試合がある。

 ●4番の意地 4打数2安打/いわき海星・水野太智君

 いわき海星は水野太智君(3年)が4番打者の仕事を果たした。

 三回裏、1点を先制し、2死一、二塁で打席がまわる。「仲間がつないでくれた。絶対打つ」。内角の変化球を振り抜くと、打球は左翼手のグラブの先を抜け、二塁打に。2点を加えて試合の流れをつかんだ。

 高校に入学後、浜風が吹き付ける海沿いの道を片道50分以上かけて自転車で通学した。練習後の帰り道は太ももがパンパンになることも。「2年以上続けたから、筋肉つきました」。下半身が鍛えられ、打球を押し込めるようになった。

 福島大会の直前は結果を出そうと焦るあまり、当てにいく打撃になっていた。「余計なことは考えない。思いっきり振ろう」と初戦に臨み、4打数2安打の活躍。試合後、「今日で吹っ切れました」と笑顔を見せた。(小手川太朗)

 ●序盤失点「焦り出た」/本宮・斎藤秀顕投手

 本宮は三回、失策も絡んで3点を失った。先発した斎藤秀顕主将(3年)はコーナーを突く丁寧な投球を心がけたが、犠飛で先制され、焦りが出たという。制球が甘くなり、連打を浴びた。「悔いが残ります」

 野球を始めた小学生の頃から投手だったが、中1の秋に右ひじを疲労骨折し、外野手に転じた。だが、「また投げたい」と高校で再び投手に。元巨人の桑田真澄さんの本や動画などで研究し、投球感覚を取り戻して大会に臨んだ。

 スライダーを武器に、打たせて取る投球が持ち味。七回終了後にマウンドを降りたが、渡辺智幸監督は「緩急つけた投球ができていた。わずかな失投はあったが、ほぼ完璧だった」とたたえた。(杉村和将)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ