メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第100回全国高校野球選手権記念大会】

原町の守備職人、好守

 ●仁木拓人君「あの1点悔やまれる」

 原町の仁木拓人君(3年)は小学生のときに野球を始めて以来、ずっとセンターを守っている。

 広い外野を守るため大事にしているのは「1歩目」。右投げの仁木君は右足を左足よりやや引いて構え、投手が投げた瞬間にちょっとだけジャンプする。そうすると、1歩目が素早くだせる。前後の打球に対応するためのステップも、自分で工夫して生み出した。

 小学生のときには浜風が吹く海岸や公園で祖父のノックを受けた。高校に入っても自主練習ではノック。打撃が得意ではなく、「自分は守りで貢献する」と割り切った。

 この日の試合でも、七回2死三塁の場面で頭上を越えそうな飛球を好捕するなど再三、好守を見せた。

 ただ、悔いるのは1点リードされて迎えた八回の守り。2死満塁で中前にはじき返され、2点を失った場面だ。仁木君はもっと素早くゴロをさばいていれば、二塁走者の生還は防げたと思っている。「あの1点がなければ、流れがこっちに来たかもしれない」

 これが高校生活最後の守備でのプレーになった。試合後、「後悔することがないよう、必死に練習して夏を迎えてほしい」と後輩にエールを送った。=あいづ(飯沼優仁)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ