メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第100回全国高校野球選手権記念大会】

福島商 投打がっちり

写真:福島商―湯本 八回表福島商1死三塁、関根の犠飛で三塁走者大内が生還。捕手井上=いわきグリーン 拡大福島商―湯本 八回表福島商1死三塁、関根の犠飛で三塁走者大内が生還。捕手井上=いわきグリーン

 ●先制点守り 流れ渡さず/大内良真投手

 福島商が18年ぶりの決勝進出を決めた瞬間、先発した大内良真投手(2年)は真っ先にベンチを飛び出した。「先輩が決勝のマウンドに立つ前に夏を終わらせてはいけないと感じていた」

 初回、いきなり3点を奪った福島商。だが六回、四死球と安打が絡み、無死満塁のピンチを招いた。点差は3点。大内君が立つマウンドに駆け寄った阿蘇航新主将(3年)は「1人ずつ打ち取っていこう」と声をかけた。犠飛で1点を失うが、後続を打ち取り、湯本の反撃ムードを断ち切った。

 大内君は昨秋から直球の回転を意識して練習してきた。プロ野球・阪神の藤川球児投手の動画を3千回近く見て、握り方やフォームを研究。人さし指と中指を閉じ、リリースの瞬間、指先でボールをはじく投げ方にたどり着いた。伸びのある直球が大内君の武器になった。

 「自分が打たれて取られた点は、自分で取り返したい」。八回は1死二塁の好機で三塁打を放ち、その気持ちをバットで示した。

 次は、いよいよ決勝。もしマウンドに立ったなら、「大舞台で思い切り野球を楽しみたい」と話した。(内山修)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ