メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第100回全国高校野球選手権記念大会】

聖光学院 猛打の12連覇

写真: 拡大

 福島大会は22日、いわき市のいわきグリーンスタジアムで決勝があり、聖光学院が福島商を15―2で下し、12年連続15回目の優勝を果たした。聖光学院は全国選手権大会への戦後最長の連続出場記録を12に伸ばした。18年ぶりの甲子園をめざした福島商は序盤は打線がつながったものの、聖光学院に長打攻勢で突き放され、涙をのんだ。100回目となる記念の全国選手権大会は阪神甲子園球場で8月5日に開幕する。

 ●一戦一戦やりきる/聖光学院・矢吹栄希主将

 県内の他のチームより厳しいことをやってきたという自信はあったし、ここで負けたくないという思いもあった。春の選抜大会では無様な姿を見せてしまったが、夏の甲子園では一戦一戦、死にものぐるいでやりきっていきたい。

 ●ひたむき報われた/聖光学院・斎藤智也監督

 自然体で勢いよく試合に入れた。集中力が高いから、本塁打も出た。歴代の中でも特にひたむきにやってきたチーム。報われてよかった。春の選抜大会はふがいなかったので、自分たちにリベンジする感覚でこの夏はいきたい。

 ●好機であと一本が/福島商・阿蘇航新主将

 序盤は自分たちのスイングができていたので、好機であと1本がほしかった。中盤以降は衛藤投手の変化球に手を出してしまった。全員で精いっぱい戦えたので悔いはない。聖光学院には県代表として甲子園で大暴れしてほしい。

●勝ち進み成長した/福島商・渡辺真也監督

 接戦に持ち込みたかったが、先制されて相手のペースになってしまった。選手たちは勝ち上がるにつれて成長した。何とか甲子園につなげたかったが、最後まで頑張ってくれた。2年生も活躍してくれたので、次につなげたい。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ