メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

お湯ぶら

会津編(4)弥五島温泉 郷の湯(下郷町)

写真: 拡大

写真: 拡大

写真: 拡大

 ●無味、無臭、やわらかい湯

 下郷町といえば、湯野上温泉郷が有名だが、その南約5キロのところに、日帰り専門の「郷の湯」はある。

 阿賀川水系の大川に沿って会津を南北に走る国道121号。建設業者の玉川護さんが21年前、融雪用の井戸を掘ったところ、地下50メートルで湯脈に当たった。

 源泉掛け流しの単純温泉。無味、無臭、刺激が少ないやわらかいお湯だ。

 最初は小さな湯船が入る小屋で家族や近所の人が入っていた。しかし、話を聞きつけた人たちが集まり始め、1999年に日帰り温泉施設を造った。当時の湯船は3人も入ればいっぱい。10年前、男女ともに内湯と露天がある今の施設にリニューアルした。

 危機もあった。2004年の中越地震の後、約46度あった湯温が約40度に下がった。いちかばちかボーリングしたところ、地下60メートルで再び温かい湯脈にぶつかったという。今の湯温は42、43度程度だ。

 風呂場にセッケンやシャンプーは置いていないが、民間の温泉なのに入浴料330円は安い。値上げは一度だけ。消費税が8%になるまでは300円だった。

 家族4人で切り盛りしている。父親の後を継いで建設会社の社長になった玉川寿彦さんは「喜んでもらえれば」という。

 平日は100人、休日には200人ほどが県内外からやって来る。狙い目は平日の午前中だとか。運が良ければ、湯船を独り占めできるかもしれない。(菊池功)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ