メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

戊辰戦争150年

「武士の社会」の外側で(下)

写真:松粼矩綱が薬種問屋を営んでいた土蔵造りの建物。日記類は2階に納められていた=会津若松市上町 拡大松粼矩綱が薬種問屋を営んでいた土蔵造りの建物。日記類は2階に納められていた=会津若松市上町

写真:(上)「会津乱世日記」の冒頭部分、(下)表紙(福島県立博物館蔵) 拡大(上)「会津乱世日記」の冒頭部分、(下)表紙(福島県立博物館蔵)

写真:松粼矩綱の日記帳を前に話す松粼建さん=さいたま市緑区 拡大松粼矩綱の日記帳を前に話す松粼建さん=さいたま市緑区

 ●戦火逃れ 略奪の災難/商家の日記 にじむ親心も

 「石垣へ腰を掛け(背中の)荷直しをしていたら、鉄砲玉が煙と共に左右へ二つ飛び来て、ググーンと響いた。誠に驚き入った次第」

 現在の会津若松市上町で薬種問屋を営んでいた松粼矩綱(まつざきのりつな)は1868年8月23日、西軍(新政府軍)の侵攻から避難する模様を「会津乱世日記」に書いた。

 同月21日から1年半を記録した日記は2009年、戊辰戦争後に矩綱が建てた土蔵造りの旧店舗の2階で見つかった。玄孫の松粼建(けん)さん(79)=さいたま市在住=が、会津史談会や、県立博物館友の会の古文書愛好会の人々の協力を得て、現代語に訳した。

 日記には、先に逃した家族を思う心情や、阿賀川を歩いて渡ろうとして流されかけたこと、惨殺された兵士や、おぼれた母子の遺体を見たことなどが記されている。

 「毎日毎夜、大小砲の音絶え間なく一刻も安心ならず」という中、商人仲間や西軍の人足を務めた人を通じて、城下の状況の情報収集に努める様子も。県立博物館主任学芸員の阿部綾子さんは「商人同士のやり取りも活発で、緊急事態の際に連絡を取り合っていたことがわかる。得がたい記録だ」と話す。

 現在の会津美里町に避難していた矩綱は9月22日の会津藩降伏直後、自宅に戻る。家は薩摩、大垣両藩の兵士らが占拠し、財産や薬品は略奪を意味する「分捕り」に遭っていた。一方、町の様子を「十日市(初市)の如く大にぎわい」と記す。建さんは「城下に入り込んだ商人が、分捕りをした兵士から物品を買い上げ、その金を兵士が遊興に費やしたのだろう」と話す。

 矩綱は自宅にあった金びょうぶが売りに出ていると知り、売り主に「懇願」の末、買値と同じ3両を払って買い戻す。また、自宅では西軍の兵士だけでなく、福島県内から西軍の人足として徴用された人々も分捕りや占拠に加わっていた。戦争が平時のモラルを壊してしまうことをうかがわせる。

 会津藩の「御用達商人」だった矩綱は藩に忠誠を尽くしていた。その一方、日記には武士との違いを感じさせる記述も見られる。

 西軍が迫る中、武家の養子となっていた息子が白虎隊「二番足軽」に召集される。名誉なことと思いながら、8月23日朝、「今生の別れ」として、万一藩主らが切腹となる時でも「切腹のような事は、若輩の事、仲間へ相談して逃る道もあれば、逃げるとも様子次第」と告げたことが記されている。

 白虎隊は身分に応じて士中、寄合、足軽の三つに分かれ、飯盛山で自刃した隊士は上級武士の子弟、士中二番隊だった。阿部さんは「士中の親なら、こんなことは言わないし、仮に思ったとしても、文章に書き残すとは考えられない」と話しながら、「親としての気持ちがにじみ出ている」と語った。

 建さんは日記に向き合った矩綱の姿勢を「現実に起きたことを、子孫や会津のために書き残すという思いだったのではないか」と話す。日記は9月1日から県立博物館で開かれる「戊辰戦争150年」展で展示される予定だ。(戸松康雄)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ