メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

戊辰戦争150年

「義」のための戦争とは

写真:野口信一さんの話を聞く人々=7月28日、高知市浦戸城山の高知県立坂本龍馬記念館 拡大野口信一さんの話を聞く人々=7月28日、高知市浦戸城山の高知県立坂本龍馬記念館

写真:稲川明雄さん 拡大稲川明雄さん

 ●県外を巡って考える(上)

 150年前の9月22日(旧暦)、会津藩は1カ月の籠城(ろう・じょう)戦の末に降伏する。今、鶴ケ城には「会津藩は自分たちが信じる『義』を貫くために、新政府軍に抵抗を続けた。それが戊辰戦争である」との看板が掲げられている。なぜ戦い、多くの女性が子どもと一緒に自害するような結果に至ったのか。「義」の一文字で説明がつくのか。あえて福島県の外で考えてみようと思い、この夏、高知や新潟などを巡った。

 ●「教養の純化」悲劇もたらす

 桂浜近くの高台にある高知県立坂本龍馬記念館で、7月28日に元会津図書館長、野口信一さん(69)による「戊辰戦争にみる会津藩の精神性」と題した講演会が開かれた。

 会場は約100人の聴衆でほぼ満席。高松清之館長はあいさつで「戊辰戦争で会津は敗者の立場にあるが、勝者は歴史を語るうえで自己を正当化し、美化することもある」と指摘。「敗者の立場から何を目指して戦ったのか、戦いの意味は何だったのかを知ることが大事だ」と話した。

 講演で、野口さんが強調したのは、藩主に対する「忠義」を重視する考え方が、女性や子どもも含めて徹底されたことだった。

 3代将軍・徳川家光の異母弟で、初代藩主となった保科正之が徳川家への忠誠を求める「家訓(か・きん)」を制定し、藩校日新館で藩士の子弟に武士としての生き方をたたき込む教育が行われていたことを説明。「どこに行くにも峠を越えなければならず、半年間は雪に覆われる。そういう土地の中で、この考え方が純粋培養された」と述べた。

 さらに城下に敵が入ってきた時、多くの女性たちが子どもや老人と共に自害したことに言及。「最大の理由は殿様に迷惑をかけてはいけないということだった。忠義の死ともいえる」と語り、こう続けた。「親が子の命を奪うのは美学なのか。戦争は人を鬼にしてしまうと感じる」

 高知で女性たちの自刃は驚きと共に受け止められたようだ。「土佐では考えられない」との声も聞いた。来場者アンケートでは「土佐人として会津人の『義』の強さに驚いた」などの意見が寄せられたという。

     ◇

 新潟県長岡市にある河井継之助記念館の館長、稲川明雄さん(73)は5月に会津若松市で開かれた奥羽越列藩同盟シンポジウムにパネリストの一人として出席。「戊辰戦争には藩校教育が影響した」と語った。詳しい話を聞こうと長岡市を訪ねた。

 「主君に対する『忠』、家族に対する『孝』を徹底的に教えたのが会津藩」

 稲川さんはこう切り出した。幕府が秩序や上下関係を重視する朱子学を推奨する中、長岡藩では徂徠(そ・らい)学など、朱子学以外の学問も行われていたが、会津藩の藩校日新館では「典型的な朱子学教育が行われた」。

 そのうえで「会津藩の悲劇はその教養によるものだと思っている」と語った。

 「教養」は死生観に及び、死ぬ意味を考えることにつながったのだという。

 「会津藩は教養を純化していった。人間は本来は死にたくないと思うものだが、学問は、死の恐怖を和らげてくれるような教養をもたらせることもある」

 女性たちの自害や白虎隊士の自刃は「純化」の結果なのだろうか。

 「長岡藩は落城したが、女性で自害したものは少ない。私は、会津藩が『花と散る』という形を示したことは、明治以降の日本の軍隊の思想にも影響を与えたと考えている」(戸松康雄)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ