メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

戊辰戦争150年

「多様な見方が重要」

写真:新政府軍が掲げた旗の写真を示しながら講演する宮間純一氏=会津若松市の県立博物館 拡大新政府軍が掲げた旗の写真を示しながら講演する宮間純一氏=会津若松市の県立博物館

 ●県立博物館で記念講演

 「戊辰戦争150年」展が開催されている会津若松市の県立博物館で16日、宮間純一・中央大文学部准教授が「戊辰内乱と『官軍』の創造」と題して講演した。新政府軍が公家の起用や錦旗の掲揚を通じて「官軍」を演出し、諸藩の抵抗を抑え、民衆からの支持獲得を図った様子を語った。

 宮間氏は新政府軍と旧幕府軍で「正当性」が争われたと指摘。新政府軍は土佐、越前藩など戦争を望まない勢力を抱える中、天皇から軍事に関する権限を委譲された「官軍」だと示すことによって、戦争遂行に対する内部の異論も封じたとの見方を示した。

 一方、旧幕府軍は「『幼帝』を欺く『薩賊』を糾弾」と訴え、幕府との関係を重視した孝明天皇の「遺志」などを掲げた。宮間氏は「天皇から切り離した形で正当性を提示できなかった。これが勝てなかった致命的な理由だと考えている」と述べた。

 3回予定されている記念講演会の第1弾。約200席が埋まったほか、約50人も立って聴講した。宮間氏は「戊辰戦争に対する見方は地域によって様々だが、(他の見方を)無視するのでなく、いろんなところに目を向けて考えることが重要だ」と述べた。(戸松康雄)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ