メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

地方選【福島の針路 2018知事選】

現新4氏立候補へ

写真:公開討論会に臨んだ知事選の立候補予定者たち=8日夜、福島市春日町 拡大公開討論会に臨んだ知事選の立候補予定者たち=8日夜、福島市春日町

 ●あす告示 復興・人口減少など公開討論

 知事選が11日、告示される。これまでに立候補を表明してきた現職の内堀雅雄氏(54)ら3氏に加え、IT広告会社長の高橋翔氏(30)が8日、無所属での立候補を表明。現職と新顔計4氏が立候補に向けた準備を進めている。4氏は同日、福島市であった公開討論会に出席し、原発事故からの復興や人口減少問題などについて議論した。

 ●IT広告会社長 高橋氏も出馬へ

 高橋氏は8日、朝日新聞の取材に対し、「4年前の知事選の投票率の低さに違和感を感じた。若い人が選挙に出られない雰囲気を変えていかないといけない」と立候補の理由を語った。

 内堀、高橋両氏のほかに、いずれも無所属で、共産党県委員長の町田和史氏(41)=共産推薦=、白河市の自営業金山屯氏(78)が立候補を表明している。

 8日にあった公開討論会は日本青年会議所東北地区福島ブロック協議会主催。約100人の聴衆の前で、一問一答形式で意見が交わされた。

 被災地域の復興加速化に向けて必要なことを問われると、町田氏は「中小企業を直接的に応援することでこそ本当に県民の幸せにつながっていくと思う」と循環型地域社会の構築を目指す考えを示した。金山氏は「県庁を郡山へ移転する」と持論を展開した。

 内堀氏は、不通区間が一部で残る常磐線の全線開通や常磐道の4車線化などを例に挙げ、「交通インフラを整備することが重要」と指摘した。高橋氏は「人材育成や、様々なノウハウを持っている方々が来られる環境を作る」と述べた。

 風評問題について、内堀氏は県産農産物の輸出が昨年度210トンと過去最高を記録したことを成果としてアピール。「オンラインストアでの販売の強化など、販路拡大に積極的に取り組んでいく」と話した。

 一方、町田氏は、県が見直すと発表した米の全量全袋検査を継続すべきだと主張。第一原発の汚染水の海洋放出についても、「県政は県民世論の立場に立って、明確に海洋放出に反対すべきだ。そのことが信頼できる福島ブランドを作っていく」と語った。

 人口減少問題への必要な施策については、「外国人をもっと呼び込む」(高橋氏)、「学校給食無料化や返済不要の奨学金を作る」(町田氏)、「安心して結婚、出産、子育てをできる環境作り」(内堀氏)などの意見が上がった。(石塚大樹)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ