メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

地方選【選挙を歩いて−知事選編−】

イノベ構想 見えない効果

写真:福島ロボットテストフィールドの通信塔。奥にも研究棟などの建屋建設が進む=南相馬市原町区萱浜 拡大福島ロボットテストフィールドの通信塔。奥にも研究棟などの建屋建設が進む=南相馬市原町区萱浜

写真: 拡大

 ●予算・誘致の目標 県、明示せず

 あの時、津波に襲われ、いまは雑草が茂る土地の一角に鉄塔がそびえる。高さ30メートル。浜通りの将来を支える、そんな建造物の一つといっても過言ではない。

 南相馬市原町区の海沿いから約500メートルで、県は、屋外ロボットの一大研究拠点と位置づける「福島ロボットテストフィールド」の建設を進めている。

 鉄塔は、ドローンや無人飛行機を遠くへ飛ばすため、強い電波を出したり、障害物を検知したりする通信塔だ。今後、橋やトンネル、がれきを模した実験場や研究棟が設けられ、2020年3月末までに全面オープンする計画だ。

 総工費155億円。それだけでも大型の事業だが、県や国が進める「福島国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想」の拠点の一つにすぎない。

 イノベ構想は、原発事故で被災した「浜通り」を中心に新たな産業の創出を目指すもの。ロボットやエネルギー、環境・リサイクル、廃炉の研究・開発拠点を核にして、浜通りに企業を誘致することを狙う。

 福島復興再生特別措置法にも明記された「国家プロジェクト」(内堀雅雄知事)だ。その成否が復興の鍵となるのは間違いない。

 私は8月まで東京本社経済部で、製造業やエネルギー関連の企業を取材してきた。先端企業の誘致にはライバルが多い。

 ロボット一つとってみても、神奈川県は13年に国から「さがみロボット産業特区」の指定を受け、進出企業への優遇策を打ち出す。北九州市は世界的なロボットメーカーが本社を構え、茨城県つくば市は「ロボットの街」として売り込む。

     ○

 県は昨年7月にイノベ構想の実動機関として一般財団法人「福島イノベーション・コースト構想推進機構」を設立させた。

 今月、そのトップが鈴木正晃副知事から斎藤保・IHI会長に交代し、理事に日産自動車やJR東日本の幹部らが名を連ねる。

 だが、大企業のツテが先端企業の誘致にどこまで有利に働くかは不透明だ。さらに機構職員129人(非常勤を含む)の7割は県から派遣や兼務。経済産業省、文部科学省、民間企業の出身者も加わる、いわば「寄り合い所帯」。職員の一人は「構想が大きくて何から手をつけていいか分からない」とこぼし、この体制で長期にわたる腰の据わった取り組みができるのか、私は疑問を感じる。

 イノベ構想を巡っては巨額の予算が動いている。

 開発拠点の多くは研究開発法人や民間企業が主体となっているが、補助金や交付金など国の予算が使われているケースがほとんど。県は関連の道路整備などを含め、今年度だけで700億円を予算化した。

 だが、県はイノベ構想の実現に向けた費用は示しておらず、実現の時期や誘致企業の目標も「避難指示の解除や住民の帰還の状況にも関わり、予測は困難」(担当課)として定めていない。

 費用対効果が見えない巨大プロジェクトは往々にして、無駄が生まれやすく、当初描いた目標から、着地点がずれやすい。

 浜通りを歩いてみた。イノベ構想への県民の関心は低い。構想が動き出して4年あまり。県民の心が離れてしまっては、この構想に魂は入らない。(平林大輔)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ