メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

お湯ぶら

1年を振り返って 

写真:初日の出が拝める天神岬温泉しおかぜ荘のつぼ湯=楢葉町 拡大初日の出が拝める天神岬温泉しおかぜ荘のつぼ湯=楢葉町

写真:撤去される前の元旅館=会津若松市の東山温泉 拡大撤去される前の元旅館=会津若松市の東山温泉

 ●温泉県 出合った課題

 福島は国内有数の温泉県。その温泉を紹介する企画「お湯ぶら」を今年4月に始め、県内の温泉を巡ってきた。どこの温泉地も奮闘しているが、バブル期以降の投資が重くのしかかり、疲弊している宿は少なくない。宿泊客の減少も追い打ちをかけており、地域の共同浴場も高齢化と過疎化にさらされている。

 温泉街は、もともと共同浴場の周辺に宿を構えるスタイルだった。その後、源泉から自らの宿にお湯を引く内湯方式に。さらに露天、展望風呂を含む多種の湯船を持つようになった。

 だが、バブル期以降に行われた投資が、温泉宿の経営を圧迫している。

 装置産業である温泉は、人件費だけでなく、維持管理にお金がかかる。

 湯を運ぶ管は温泉成分で詰まる。成分次第では、年に2度以上管を交換する宿もある。源泉温度によっては加温が必要となり、お客の有無にかかわらず、ボイラーの油代はかかる。

 そのうえ、経営していくためには、常に温泉客を呼び込まなければならない。

 環境省が公表している温泉利用状況によると、2000年度の県内温泉の延べ宿泊利用人数は約632万人だった。その後、徐々に減り始め、ほぼ震災前の10年度は461万人、16年度は約437万人とピークより195万人も減った。1人1万円の宿泊費だとすると195億円の減収だ。

 ●人件費削減へ工夫

 宿泊客誘致のため、旅館側はあの手この手で工夫をしている。しかし、規模が大きいほど、それだけでは追いつかず、経営の合理化、とりわけ人件費の削減に取り組んでいる。

 大きな変化は、仲居さんが朝から晩まで働くスタイルを改めている点だ。

 仲居さんの仕事だった朝食準備、布団上げ、掃除、夕食準備、布団敷きの仕事に別々のパートタイマーを雇い、労働時間を減らすことで人件費を抑えている。

 バイキング形式の食事が増えたのも人件費削減の一環で、配膳に必要な人数が少なくてすむからだ。ベッドの部屋が増えつつあるのも、布団の上げ下げで1日2度必要だった作業を、ベッドメイキングの1度に減らすことができるからだ。

 それでも経営に行き詰まる宿はでてくる。温泉街で、廃墟となった宿を目にするが、景観を損ない、風情も台無しだ。

 今年、会津若松市の東山温泉で、倒壊の危険があった元旅館が撤去された。市が所有者から土地と建物を寄付してもらい、解体・撤去費用は湯川をはさんで向かいにある旅館「新滝」側が負担した。

 撤去前、新滝には倒壊しそうな宿を見た宿泊客から度々苦情が寄せられていた。その場面を目の当たりにしたこともあり、忍びなかった。所有者に代わって行政が撤去する代執行になるだろうと思っていたが、新滝側がお金を出すと聞いて驚いた。一日も早く撤去したかったということだ。

 ●自治体での管理増

 一方、過疎地の共同浴場も危機にある。喜多方市にある熱塩温泉の共同浴場は以前、30世帯で守っていたが、いまは9世帯だ。交代で行う掃除も大変だ。

 住民だけで温泉を管理するのには限界がある。最近は共同浴場を自治体と住民が一緒に管理したり、自治体が直接管理したりするケースが多い。

 今年4月、福島市の土湯温泉でリニューアルオープンした中之湯も市が直接管理する。施設は充実し、利用者も多い。

 県内の温泉地数は全国5位の131。源泉数は8位の780だ。泉質も豊富で、良い温泉が多い。温泉を守るためにも年に1、2度は訪れ、できれば宿泊することをお薦めしたい。(菊池功)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ