メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

お湯ぶら

県中編(4) 郡山三穂田温泉(郡山市)

写真: 拡大

写真: 拡大

写真: 拡大

 ●8割が地元客 催し多彩

 郡山盆地には温泉が点在する。総称して「郡山温泉郷」と呼ぶらしい。一気に増えたのは1980年代。住宅街や田園地帯に、一軒温泉が登場した。88年9月にオープンした郡山三穂田温泉も、田園の中の温泉の一つだ。

 掘ったのは故・新田勝治さん。妻でおかみだったアイ子さんによると、勝治さんはボーリング会社を営み、「自宅で温泉に入りたい」と85年に敷地内で掘り当てた。3年後、三穂田温泉をオープン。勝治さんは「地元に恩返しをしたい」と話していたという。

 地下800メートルからくみ上げられるナトリウム塩化物・硫酸塩泉のかけ流し。湯の中で体をさすると、つるつる、ぬるぬるする。黄色がかった源泉の温度は53度。加温はしていない。

 男女とも内風呂と、日本庭園に面した露天がある。内風呂は42度に調整されているが、露天は外気温に左右され、冬はぬるい。内湯と露天を行ったり来たりで長い間つかっていられる。

 開業当時から変わらないのが地域密着。利用客の8割が地元客だ。「紅白歌合戦」「ビンゴ大会」「健康麻雀(マー・ジャン)教室」…。客が参加できる様々なイベントやサービスが多い。

 マネジャーの岡龍一郎さんは「気心の知れた人たちが食べ物を持ち込み、一日くつろいでいきます」。

 若者たちも呼び込もうと郡山市安積町にある「フットサルサイト郡山」と提携し、コートを利用すれば300円で入浴できるサービスも始めた。学生の合宿も手がけていく予定だ。(菊地功)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ