メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

人に食あり 食に人あり

(11)相席居酒屋 狙うは楽しさ

写真:恋愛話などで盛り上がった相席居酒屋。酒が進み、机の上に空いたグラスが並んだ 拡大恋愛話などで盛り上がった相席居酒屋。酒が進み、机の上に空いたグラスが並んだ

 ●「ガチじゃない」気軽な出会い

 師走の夜、歓楽街はにぎわっていた。忘年会帰りの酔客たちが上機嫌で2軒目の店を探す中、先輩記者と2人である店をめざした。初対面の異性のグループと相席できる居酒屋―。そんな出会いを提供する店が全国的に広がり、県内にも複数あるという。ドイツには「酒のつくった友は酔いのさめると共に失う」とのことわざもあるが、ここは福島県。店に入った。

 「いらっしゃいませ!」。ドアを開けると、店員が迎えてくれた。「何名様ですか?」「2人です」「ではすぐ相席になりますね」

 店内は明るく、仕切りもなく、全体が見渡せる。客は少なかったが、テーブル席に案内されると、数分前に来たばかりという女性3人が向かいに座っていた。

 「初めまして」

 ビールで乾杯し、まずは自己紹介した。3人とも23歳の会社員で、県中の町から来た幼なじみという。

 メニュー表を開くと、ポテトやから揚げ、サワーやカクテルなど、居酒屋チェーンと変わらない。ただ、男性は時間制で有料、女性はいつまで飲み食いしても無料で、ともに別の席に移ることも出来る。

 「今日は今まで何してたの?」

 「夜まで3人で買い物してて。それで暇だったから、ノリで行こうってなって。無料で飲めるし」

 飲み物を追加注文した。こちらはレモンサワー、女性たちはカクテル。初対面の女性と話す緊張もあって酒が進み、互いの仕事の話や恋愛の話ではずんだ。

 「出会いを求めてではなく?」

 「そこまでガチなやつじゃないですよ。合コンよりも気軽な感じで。知らない人と楽しく飲めればいいなっていうだけ」

 5人で酒を20杯以上は飲み、「今度、合コンしましょうか」と盛り上がった。そして1時間半後、彼女たちは「次に行くところがある」と店を出て行った。料金は男性2人で約1万円。連絡先を交換したが、その後にやり取りはない。

 全国に婚活応援酒場「相席屋」を展開する業界最大手「セクションエイト」(東京)によると、主な客層は女性は20代、男性は20〜30代。2014年3月に東京都北区赤羽に1号店を出し、今では岩手県から沖縄県に約50店がある。広報担当者は「昔に比べて社内恋愛などをする人も減りましたし、出会いが少ない時代ですから。気軽に出会える業態が受け入れられたと思います」と話す。

 後日、先日の店の前でしばらく待っていた。男性客2人が出てきたので、「お兄さん、すみません」と声を掛けた。客引きと勘違いされ、けげんな顔をされたが、取材に協力してくれた。

 ともに県中の市に住む24歳の会社員で、常連という。「なぜ、来店したんですか」と尋ねると、2人は「そりゃあ女の子と話したいからですよ」と口をそろえた。そして、「店には街で歩いているような『普通の子』が多いんです」と言って、夜の街に消えた。

     ◇     ◇

 ●利用する若者 SNS感覚

 学校や職場が同じだったり、共通の友達がいたり、従来の出会いの背景にはリアルな世界でのつながりという安心感があった。しかし、最近はSNSを通じて見知らぬ人と交流し、お互いに気が合えば、実際に会う。ネット上での共感が出会いのきっかけとなるケースが増えている。

 相席居酒屋は食を通し、出会いの場を提供するリアルな場所だ。ただ、そこに集う若者たちはSNS感覚で利用し、楽しんでいるように思った。(小手川太朗)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ