メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

お湯ぶら

県北編(9)広瀬温泉もにわの湯(福島市)

写真:もにわの湯の露天風呂 拡大もにわの湯の露天風呂

写真: 拡大

写真: 拡大

 ●ダム湖レジャーと満喫

 飯坂温泉の奥には穴原温泉があり、さらにその奥にあるのが広瀬源泉「もにわの湯」だ。県温泉協会がつくる「トラベルマップ」を見ると、ここが県内最北の温泉になる。

 摺上川沿いにある市営の施設。約200世帯が移転を余儀なくされた摺上川ダム建設に伴う地域振興の一環で1999年にオープンした。地元の住民がスタッフとして接客している。

 湯船は男女とも内風呂と露天風呂が一つずつ。pH9.2のアルカリ性単純温泉。肌がすべすべになり、「美人の湯」と呼ばれる。源泉温度は40.9度と若干低いため、加温、循環させている。寒い季節は内風呂を41度、外気に触れる露天を42度に設定している。

 地元の住民だけでなく、県内外にファンが多い。春から秋にかけては茂庭っ湖でのカヤックツアーやキャンプなどで訪れた人たちの利用も。年間1万人程度が訪れ、昨年12月15日には開業以来200万人を達成。豊かな自然と澄んだ空気、12歳以上250円という料金の安さも気軽に通える理由だ。

 温泉の向かいには、そば店が入った茂庭ふるさと館がある。地元産品の直売コーナーがあり、雪解け後は棚に並ぶ品数も増える。70〜80センチもある大根が100円。大粒のぎんなんが1袋500円で売っていた。

 そんな茂庭で深刻なのは過疎化だ。この5年で地区の人口は約100人減り、400人近くになった。スタッフの今野清さんは「子どもの数がめっきり減ってしまい、昨年春に小学校も閉校しました」と寂しげに言った。(菊池 功)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ