メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

お湯ぶら

会津編(8)中ノ沢 磐梯西村屋(猪苗代)

写真: 拡大

写真: 拡大

写真: 拡大

 ● カモシカも散歩する宿

 安達太良山からは様々な温泉が沸きだしている。中でも西側の中ノ沢、沼尻温泉の源泉「沼尻元湯」の湯は、pH2.1の酸性だ。ことのほか酸っぱく、「胃腸の湯」と言われる。

 毎分1万3400リットルの湧出量は、単一湧出口からの量では国内最高という。そこから6キロをもまれながら流れ下った湯が中ノ沢温泉にたどりつく。

 温泉街には11軒の宿がある。昔は共同浴場を利用する方式だったが、今は旅館、ホテルの内湯になった。

 その中で磐梯西村屋には「大岩風呂」「ひのき風呂」「露天風呂」の3種がある。源泉かけ流し。一見すると透明な湯だが、お湯に体を沈めると、底にあった湯の花が舞って白濁する。

 中ノ沢はかつて、磐越西線川桁駅(猪苗代町)と沼尻軽便鉄道で結ばれていた。鉄道は安達太良山から採れる硫黄や労働者を川桁へ運び、湯治客やスキー客を中ノ沢に連れてきた。中ノ沢温泉近くの終点「沼尻駅」周辺は旅館の客引きでにぎわったという。

 戦前、戦中は火薬原料として必要とされた安達太良産硫黄だが、戦後は石油精製の過程でできる安価な硫黄に押され、鉱山は閉じられた。軽便鉄道も1968年、経営難で休止となった。

 今は静かな山の温泉場。野生の動物が顔を出す。磐梯西村屋を経営する西村保成さんは「うちの庭はカモシカの通り道です。カモシカは性格がおとなしく、人に向かってくることはありません。運が良ければ、露天風呂に入るときに見られます」と言った。(菊池功)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ