メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第101回全国高校野球選手権 福島大会】

学ラン姿の女子応援団長

写真:「エンジ色でEnjoy!!」応援団長の3年生、新明玲香さん(右)たち=25 拡大「エンジ色でEnjoy!!」応援団長の3年生、新明玲香さん(右)たち=25

写真:試合を見つめる弓田蕃さん(右)と静子さん=あいづ 拡大試合を見つめる弓田蕃さん(右)と静子さん=あいづ

 二回の攻撃前、一塁側の郡山スタンド最前列で、校歌を高らかに歌い上げた学ラン姿の女子生徒がいた。新明玲香さん(3年)。郡山の第41代応援団長だ。

 黒い学ランに強い日差しが照りつける。額に汗がにじむ。「スポーツドリンクを1人5本と、塩あめを大量に準備しています」

 応援団の一体感のある演舞にあこがれて入部した。現在、部員は8人。人数は少ないが、声では野球部に負けない。

 この日は中盤以降、追いかける展開が続いたが、「悔いの残らないように楽しんでほしい」。郡山はスクールカラーのエンジ色にちなんで、「エンジ色でEnjoy!!」

 ● 孫のプレーを祖父母も応援

三塁側スタンド最前列で、日大東北・弓田公幾主将(3年)の祖父母・蕃さん(83)と静子さん(82)が猛暑の中、試合を見つめていた。夫妻は下郷町在住。会津若松市の中学から日大東北に進んだ孫の試合会場が、あいづ球場になったことから応援に来た。

 「8―8になった時は胸がドカドカした。勝ってうれしかった」と静子さんが言えば、蕃さんは「両方ともどっこいどっこいで、いい試合だったね」。静子さんは「何とか甲子園に行かせてやりたい」と言い、蕃さんは「そうなったら甲子園まで応援に行きますよ」と笑った。 (戸松康雄、小手川太朗)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ