メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第101回全国高校野球選手権 福島大会】

ピンチでも「笑顔でいこう」

写真:聖光学院―光南 五回表、光南はピンチでマウンドに集まり、金沢(左)を中心に声をかけあって笑顔を見せた 拡大聖光学院―光南 五回表、光南はピンチでマウンドに集まり、金沢(左)を中心に声をかけあって笑顔を見せた

 ● チーム引っ張る 光南・金沢翔太選手

 3点を追う五回表。聖光学院に1点を追加され、一方的な流れになりつつあった時、遊撃手の金沢翔太君(3年)がタイムをかけた。「楽しんでいこう。まだ、追いつける」。先発の2年生エース・国井飛河君やマウンドに集まった他の仲間に声を掛けると、笑顔が広がった。

 4回戦と準々決勝でシード校を破り、4強のうち唯一の公立校となった。ただ、新チームの発足当時を振り返ると、不安だらけだった。初戦となった昨秋の支部大会はコールド負け。3年生の左腕エースが引退し、「軸になる選手がいなかった」(金沢君)。

 そんなチームを引っ張ったのが金沢君だった。1年生の時から出場し、昨夏もレギュラーで出場。一塁手とバッテリーが2年生で経験が浅く、「おれが引っ張らないといけない」と責任感が芽生えた。

 今大会でも笑顔を意識し、周囲に気を配った。国井君は「振り返れば金沢さんが『表情硬いぞ』と声をかけてくれ、リラックスできた」と振り返る。

 5点を追う九回もベンチからは大きな声が響いた。「スタンドと一体となって戦えた」。金沢君は悔し涙も見せながら、やりきった表情で球場をあとにした。( 飯沼優仁)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ