メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第101回全国高校野球選手権 福島大会】

聖光学院堅守13連覇

写真:日大東北―聖光学院 優勝を決め、マウンドで喜ぶ聖光学院の選手たち 拡大日大東北―聖光学院 優勝を決め、マウンドで喜ぶ聖光学院の選手たち

写真: 拡大

写真: 拡大

 ● 須藤投手 的絞らせず完封

  福島大会は28日、決勝戦があり、聖光学院が堅い守りと好機を着実に生かす攻撃で日大東北に競り勝った。春の公式戦で2度敗れ、夏の連覇を危ぶむ声もあったが、戦後最長記録を更新する13年連続の甲子園出場を決めた。全国選手権は8月6日から阪神甲子園球場で始まる。

 聖光学院は3安打ながらも、少ない好機を生かした。一回裏2死二、三塁から吉田修の左前適時打で2点。左腕須藤が日大東北を5安打に抑えて完封した。直球の球速は120キロほどだが、多彩な変化球で的を絞らせなかった。

 聖光学院らしい守備も光った。六回表、2死二塁では遊撃手の片山が中堅手と交錯しながら飛球を好捕。八回表無死一塁でも、須藤が走者の逆をつく牽制(けん・せい)でアウトにした。

 日大東北は聖光学院を上回る5安打を放った。しかし攻撃がちぐはぐで、ホームを踏めなかった。一回表1死三塁では、遊ゴロで三塁走者がホームを狙って刺された。計5回、得点圏に走者を進めたが、一本が出なかった。

 エース磯上は一回を除いて好投。威力のある直球を軸に二回以降は聖光学院を1安打に抑えただけに、一回の失点が痛かった。

 ● 弱い自分はねのけた/聖光学院・清水正義主将

 優勝を決めた後、聖光学院のベンチでは嗚咽が響いた。主将の清水正義君(3年)は涙が止まらなかった。

 「今年は聖光、負けるんじゃないか」。周りからそう言われ続けた。春の県大会の支部予選決勝で敗戦。県大会でも2回戦で敗れた。主将として責任を感じていた。連覇を期待される見えない重圧もあった。

 県大会の敗戦後、2週間全く練習せず、選手間でのミーティングに時間を割いた。「『連覇』は先輩たちの功績。気にするのはやめよう」と話し合った。

 この大会、チームは順調に勝ち上がった。その陰で清水君は悩んでいた。準決勝までの5試合でわずか3安打。結果を求めるあまり、絶不調に陥っていた。

 決勝の直前、ロッカールームに戻ると、使い古した黄色いグラブに手紙が入っていた。部内で仲の良い渡辺光稀君(3年)からだった。便箋にきれいな字で23行。「バッティングの調子とか、守備にあまり自信が無いとか色々あると思うけど、正義らしく『ハツラツ』としたプレーをしてくれれば俺はそれだけで嬉しいよ」。最後はこう締めくくられていた。「頑張れ正義!! 負けんな正義!!」

 誰のために戦うのか。弱気になっていた自分が小さな存在に思えた。

 この日も清水君は無安打だった。それでも一塁へのヘッドスライディングで仲間を鼓舞した。打者ごとに守備陣形を声を張り上げて指示もした。

 「ありがとう。最高のキャプテンだよ」。試合後、選手たちに口々に言われた。思わず涙があふれ、抱きかかえられるように泣いた。弱い自分に打ち勝った涙だった。(田中基之、小手川太朗)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ