メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第101回全国高校野球選手権 福島大会】

応援歌は30種類も

写真:部訓「破」には自らの殻を破るとの意味を込める 拡大部訓「破」には自らの殻を破るとの意味を込める

写真:日大東北高校応援委員会の海上さん(前列中)ら 拡大日大東北高校応援委員会の海上さん(前列中)ら

 聖光学院には選手やチャンス、テーマによって約30種類の応援歌がある。寮に住む部員約90人は大会直前、毎晩1時間ほど練習し、曲と歌詞をたたき込んできた。

 3番、荒牧樹(みき)君(3年)のテーマはサッカーJ1、川崎フロンターレの応援歌。野球部応援団長の中屋翔君(3年)に「ノリがいいから」と依頼した。「あいつ、結構サッカーが好きなんすよね」と中屋君。

 中屋君は横浜市出身。「2両編成の電車に驚いた」。田舎暮らしに戸惑うこともあったが、今ではすっかりムードメーカーだ。

 日大東北の応援席では、11人の「応援委員会」部員が忙しそうに行き来していた。主な「任務」は応援ではなく、熱中症対策。雨上がりでうだるような蒸し暑さの中、飲料水やぬらしたタオルを生徒や親らに配った。

 リーダーの海上若菜さん(3年)は「野球部の目標は甲子園、私たちの目標は倒れる人を一人も出さないこと」。父親が元球児で、若菜さんが子どもの頃、毎年のように夏の甲子園に連れて行ってもらったことが思い出。夢の甲子園には行けなかったが、救急搬送などはなく、委員会の「目標」は達せられた。(関根慎一)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ