メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第101回全国高校野球選手権 福島大会】

諦めるな、母の励まし受け好捕

写真:三塁側アルプスに車いすで駆けつけた三原力亜君の母・ふみ恵さん(左)と、父・力さん=阪神甲子園球場、 拡大三塁側アルプスに車いすで駆けつけた三原力亜君の母・ふみ恵さん(左)と、父・力さん=阪神甲子園球場、

 ● 三原力亜選手「ありがとう」

 三回表。海星の9番打者が左翼方向に放った外野フライが、左翼から右翼方向に吹く風に押し戻された。遊撃手は追いつきそうにない。「やばい」。中堅手の三原力亜君(3年)はとっさに反応し、飛球めがけて走った。右足から滑り込み、グラブの先ですくい上げ、アウト。好捕に3万8千人の観客が沸いた。

 抜群の身体能力でスポーツテストの点数は、110点満点の106点。部の平均が70点台の中、ダントツの数字だ。中学3年で135キロの直球を投げ、「エースになる」と自信満々で福島市の中学から聖光学院に入学した。

 しかし、周囲は県外から集まるレベルの高い選手たち。投手から野手に転向するも、打てない日が続いた。

 「諦めることだけは許さないよ」。自信をなくした三原君を、母・ふみ恵さん(54)は励まし続けた。そして、夏の福島大会直前の練習試合で結果を残し、2番打者に定着した。7月25日の準々決勝では公式戦初の本塁打も放った。

 だが、その日、一塁側スタンドで応援中の母は倒れ、救急車で運ばれた。本塁打で跳び上がって喜んだ弾みで、脳出血になった。

 大会期間中、息子の動揺を避けようと、父・力さん(50)は「軽い熱中症だよ」と言い続けた。優勝を決めた直後、球場で母が倒れたことを知らされた。沸き立つチームから離れ、そのまま会津若松市の病院に直行した。

 病床の母は左半身がまひし、記憶もあいまいだった。それでもホームランボールと優勝メダルを渡すと、しびれの残る顔でぎこちなく笑ってつぶやいた。「甲子園行くからね」

 関西入りした後も、母は毎日、ラインをくれた。「母は、毎日少しずつ、リハビリしてるよ〜〜 頑張って行くからねー」。試合が近づき緊張していることを伝えると、「何弱音吐いてるんだい? バッティングかい? 昨日今日のことじゃないべし、大丈夫だぁー」。

 12日、車いすに座った母は三塁側アルプスの中段にいた。「4番、センター三原君」。初めての4番だ。名前がコールされると、うれしそうに笑った。「試合に出るだけでびっくりなのに。夢みたい」

 試合後、息子は宿舎で久しぶりに母と会った。「ありがとう」。心から、感謝の言葉が言えた。(小手川太朗)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ