メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

岐阜

岐阜の情報

特集

リポート岐阜ワイド
事件、行政、教育など県内の課題を深く掘り下げます
ぐるり東海 大垣・上石津通信
大垣市の上石津町に都会から移り住む人が急増している。移住希望者向けツアーに参加し、魅力を探った。
人が住む~峠の向こうの子育て~
子育て世帯の移住者が増え、地域一丸で子どもを支える石徹白の取り組みを紹介します。
日本一熱い春 多治見高校野球部
夏の最高気温が40度近くになる多治見市。球児たちの「日本一熱い春」を追います。
人が住む「一極集中」の地から
人の確保策と地方社会のあり方が問われている今、人口が一極集中する東京から岐阜を見つめた。
知事選2017
2017知事選についての記事はこちら
ものがたりを歩く@東海
数多くの文学作品の舞台がある東海地方。本を片手に、記者が「聖地巡礼」に出かけました。
回顧2016
今年、県内で起こった主なニュースを担当記者らが振り返ります。
コボたち詩コンクール
2017度コボたち詩コンクールについての記事はこちら
伊勢路をつなぐ
第48回全日本大学駅伝対校選手権に出場する岐阜経済大。チームを作った4年生の思いを追う。
ぐるり東海 岐阜各務原通信
ハイテクの航空宇宙産業と伝統的な地歌舞伎がともに盛んな各務原市。記者が連日通い、その魅力を伝えます。
人が住む 「限界」の向こうには
中山間地や都市部のさまざまな「限界集落」を取材し、実情や取り組みを随時リポートします。
微風やまず玉田澄子の戦後71年
戦後71年、平和を願って中国との交流を続ける女性の思いを取材しました。
高校野球
高校野球関連記事はこちら
八月の歌
朝日新聞主催で毎年開催している、平和を歌った歌のコンクールについての記事はこちら
2016参院選
2016参院選についての記事はこちら
ぐるり東海 中津川馬籠通信
木曽路の宿場町・馬籠の「今」を追います。
点景 GW2016
山と水の国の一瞬をカメラで切り取ります。
柳ケ瀬ブルース50年
「柳ケ瀬ブルース」発売から50年。柳ケ瀬商店街の来し方行く末を考えます
伊勢志摩サミット
伊勢志摩サミットに関する記事はこちら
杉原千畝をたずねて
第2次世界大戦中、約6千人のユダヤ人をナチスの迫害から救った日本人外交官・杉原千畝の記憶をたどる旅。
回顧2015
今年の県内の主だったニュースの舞台裏とその後を担当記者らが追います
世界遺産20年
白川郷と五箇山の合掌集落が世界文化遺産に登録されて20年。日本の原風景を次代に伝える営みを紹介します
飛騨通信
雪深い冬の到来を前にした飛騨市に記者が約1カ月間、ゲストハウスで暮らし、話題を掘り起こします。
ジョーイを追って
政府が受け入れ拡大をめざす外国人技能実習生を取り巻く現状を記者の視点で描きます。
プロフェッショナル県警
捜査や救助の現場で活躍する県警のスペシャリストたちを随時掲載します
きょうも傍聴席にいます@岐阜
社会のほころびを映す法廷。岐阜地裁の傍聴席から垣間見る人間関係を随時掲載します。
金華百景~恩田政武の作品から
写真家・恩田政武さんが撮りためた作品から、四季の岐阜の魅力を随時紹介します。
戦後70年へ 伝えるつなぐ
戦争を知る体験者たちの記憶と肉声を今改めて掘り起こします。
たるテツ!樽見鉄道30年
開業30年を迎えた樽見鉄道の今を写真で随時紹介します
集団的自衛権考
集団的自衛権の行使容認へ向け、それぞれの思いを紹介します。
FC岐阜
J2 FC岐阜の奮闘ぶりを、様々な角度から取材してお伝えします
ぎふ仕事伝
伝統工芸から最新技術まで、職人の技に迫る
企画特集
「ひだ人みの」「岐論」「ぶんか部物語」やミニ連載をお届けします。
温故知新
案内人・須田寛JR東海相談役が語るシリーズです。
てくてく現代美術 世界一周
岐阜県美術館で開かれている企画展示「タグチヒロシ・アートコレクション」を紹介します。
2015統一地方選
2015年の統一地方選に関連した記事を紹介します
全日写連だより
全日本写真連盟岐阜県本部の月例会報告です
イベント
県内の催し情報です

岐阜のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

昭和村 流れ星 爆笑ライブ [芸能人・著名人]

昭和村 流れ星 爆笑ライブ

  • 2017年04月30日(日)
  • 東海環状自動車道美濃加茂IC下りてすぐJR美濃太田駅より愛あいバス乗車約10分
  • 岐阜県出身のお笑い芸人「流れ星」の二人が昭和村に来園し、流れ星ワールドを炸裂させる。当日はCD即売会も開催。購入すれば特典としてライブ終了後の握手会に参加できる。
春の音楽祭 第11回アコースティックLIVE in美濃 [フェスティバル・パレード][音楽イベント]

春の音楽祭 第11回アコースティックLIVE in美濃

  • 2017年04月30日(日)
  • 東海北陸自動車道美濃ICより10分長良川鉄道美濃市駅より徒歩15分
  • GWの恒例イベントとなっているこのコンサート。懐メロからオリジナルまで様々なジャンルが楽しめる。うだつの上がる町並みにアコースティックな音色が響く!
ドリームシアター 日曜なかよしクラフト(4月) [体験・遊覧]

ドリームシアター 日曜なかよしクラフト(4月)

  • 2017年04月02日(日) ~ 2017年04月30日(日)
  • 岐阜各務原ICより約7kmJR岐阜駅よりバス約10分、徒歩約20分
  • 毎週日曜日に行われる日曜なかよしクラフト。4月は「8枚はねのかざぐるまづくり」。毎月第3日曜日は家庭の日。市内外問わず中学生以下の子どもを連れた家族は全員無料となるうれしいこの日に、家族で訪れてみるのもおすすめ。
季節のイベント 端午の節句を楽しもう! [年中行事・歳時記][体験・遊覧]

季節のイベント 端午の節句を楽しもう!

  • 2017年04月30日(日)
  • 大垣ICより約20分 関ヶ原ICより約25分養老鉄道養老線「養老」駅より徒歩約10分
  • 端午の節句にちなんだお話の上演後、兜など簡単な工作を行う。子ども達の健やかな成長を喜び、祈って楽しい時間を過ごそう!
押し花&山の幸染め&グラスアート&タイルクラフト体験教室(4月) [体験・遊覧]

押し花&山の幸染め&グラスアート&タイルクラフト体験教室(4月)

  • 2017年04月23日(日) ~ 2017年04月30日(日)
  • 東海北陸自動車道「一宮木曽川」ICより約20分、「各務原」ICより約10分名鉄・JR岐阜駅より岐阜バス川島松倉行「川島笠田」下車徒歩15分 ※土日祝日は「河川環境楽園」下車
  • 押し花、染めもの、グラスアート、タイルクラフトからやりたいものを選んで作品を作る体験をしよう。
【桜・見ごろ】揖斐二度ザクラ [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][花・植物のイベント]

【桜・見ごろ】揖斐二度ザクラ

  • 2017年04月15日(土) ~ 2017年04月30日(日)
  • 大野町役場(バスターミナル)より名阪近鉄バス大垣駅行きで「南方」下車徒歩3分
  • 「二度桜」の名は、1年に2度咲くという意味ではなく、外側が花盛りになる頃つぼみが現れ、外側の花びらがしぼむ頃芯のつぼみが開花することから付けられている。一本の樹に一重咲き、八重咲き、二段咲きの三通りの咲き方を枝によってする珍しい桜で、学術的にも貴重な桜。花の色も白・薄いピンク・濃いピンクとバラエティに富んでいる。飛騨・美濃さくら33選にも選ばれているスポット。
【桜・見ごろ】高山市 城山公園 [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][花・植物のイベント]

【桜・見ごろ】高山市 城山公園

  • 2017年04月15日(土) ~ 2017年04月30日(日)
  • JR高山本線「高山」駅より徒歩20分
  • 高山城跡には約700本のソメイヨシノが植えられている。自然に恵まれ、静寂な公園は森林浴の森百選にも選ばれ、市街地を一望しながら花見が楽しめるスポット。
【桜・見ごろ】桜野公園 [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][花・植物のイベント][イルミネーション・ライトアップ]

【桜・見ごろ】桜野公園

  • 2017年04月15日(土) ~ 2017年04月30日(日)
  • JR高山本線「飛騨国府」駅より濃飛バス高山駅行きで5分、「桜野公園前」下車徒歩1分
  • 飛騨八景のひとつ桜野公園のサクラは、南北朝末期に吉野山より苗7品種500本を移植したものが始まりと言われ、園内と宮川沿い約600mにソメイヨシノやエドヒガンザクラなど約300本が鮮やかに咲き乱れる。春には公園全体が桜色となり、ライトアップされた桜が宮川の流れとともに幻想的に浮かびあがる。春ぽかぽかとした陽気な天気の日、桜の香りが漂い、お花見やお昼寝には心地よい。夜にはライトアップされた桜も美しい。
ユネスコ無形文化遺産登録記念 高山祭屋台の総曳き揃え [お祭り][フェスティバル・パレード][伝統芸能・大衆芸能]

ユネスコ無形文化遺産登録記念 高山祭屋台の総曳き揃え

  • 2017年04月29日(土) ~ 2017年04月30日(日)
  • 東海北陸自動車道 飛騨清見IC下車、中部縦貫自動車道経由 約30分JR高山本線 高山駅下車徒歩約15分
  • 平成28年12月に、高山祭の屋台行事を含む全国の「山・鉾・屋台行事」33件がユネスコの無形文化遺産に登録された。高山祭は、毎年4月14日・15日に開催される春の高山祭(山王祭)と、毎年10月9日・10日に開催される秋の高山祭(八幡祭)の総称。 今回、ユネスコ登録を記念し、春の祭屋台12台と秋の祭屋台11台の計23台が55年ぶりに同じ場所に曳き揃えられる。55年ぶりの一大イベント!見逃せない!
【桜・見ごろ】高山市 中橋周辺 [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][花・植物のイベント]

【桜・見ごろ】高山市 中橋周辺

  • 2017年04月15日(土) ~ 2017年04月30日(日)
  • JR高山本線「高山駅」から徒歩12分
  • 市内の中心部を流れる宮川にかかる飛騨高山の代表的な橋である赤い中橋と桜が調和し、とても美しい光景が見られるため、カメラユーザーにも人気のスポット。夜には周辺がライトアップされ、幻想的な春の飛騨高山を見ることができる。

岐阜総局から

豊かな自然と長い歴史を誇る街から、ニュースや催し物などの最新情報をお届けします。ご意見・ご感想・身の回りの話題など、お気軽にお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 岐阜総局 公式ツイッター

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】カーネーションだけじゃない

    センス光る母の日ギフト〈PR〉

  • 【&TRAVEL】記念展示やグッズがいっぱい

    スヌーピー博物館1周年

  • 【&M】デロンギに隠された「伝統」

    イタリアのプロダクト考

  • 【&w】「今」を切り取り歌い続ける

    秦 基博インタビュー

  • ブック・アサヒ・コム女優のん「コミック感想文」

    80年代のアイテムが楽しい

  • WEBRONZA『王家の紋章』リメイク版

    わかりやすく、印象が一新

  • 写真

    ハフポスト日本版 ビキニのセレブ100連発

    夏はもうちょっと先だけど          

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ