メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

群馬

群馬の情報

特集

小栗康平 映画を探して
映画「泥の河」などで世界的に評価される小栗康平監督が代表作誕生の背景を語ります。
横山秀夫 物語の始まり
事件記者を辞め、小説を書き出したのはなぜか。「ルパンの消息」執筆時をふり返ります。
井田ヒロト カド戦記
転勤してきた若手記者が群馬愛に目覚めていく様子を、井田さんの表現で描きます。
高校野球
高校野球に関する記事一覧
記者報告
群馬県内の記者たちが様々な話題や事件を掘り下げて取材し、詳しく報告します。
尾瀬だより
尾瀬・奥日光ネイチャーガイドの杉原勇逸さんが、季節ごとに表情を変える豊かな自然をつづる。
南牧村へようこそ!
高齢化率日本一「南牧村」の移住者らの新しい動きを紹介する。
最後の砦 群馬大病院事故
群大病院で手術関連死が相次いだ問題の背景や改革の行方、今後の課題を考えた
教育 2016
子どもたちや若者の「学びの場」を生の声ともに紹介します。
八ツ場ダム
国は建設を進める八ツ場ダム(長野原町)の「現在」の姿を追う。
富岡製糸場
2016参院選

群馬のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

鬼頭健吾 Multiple Star 3 [展示会・展示イベント]

鬼頭健吾 Multiple Star 3

  • 2017年09月16日(土) ~ 2018年01月08日(月)
  • 関越自動車道「渋川・伊香保」ICより8km、約15分JR上越線「渋川駅」より伊香保温泉行きバスにて約15分、「グリーン牧場前」下車、徒歩7分
  • 通年企画として継続中の「鬼頭健吾Multiple Star」展の第三弾を開催する。第一期では1300本のフラフープを素材とした展示室を埋め尽くす大型インスタレーションが、第二期では新作中心の気迫に満ちた作品群が見るものを魅了した。第三期では、これまで鬼頭が手がけてきたモチーフと新たなそれが重なり合い共振する新作大型インスタレーションが出現する。色彩と空間の多重奏に期待しよう。
画人繚乱 [展示会・展示イベント]

画人繚乱

  • 2017年09月16日(土) ~ 2018年01月08日(月)
  • 関越自動車道「渋川・伊香保IC」より8km、約15分。JR上越線「渋川駅」より伊香保温泉行きバスにて約15分、「グリーン牧場前」下車、徒歩7分。
  • 日本美術の長い伝統の中で、多くの画人たちがあまたの優品を残してきた。中でも狩野派は日本美術史上最大の画家集団であり、400年にわたり画壇の中心を担ってきた。また、日本美術は中国大陸の文化を参照し、取り入れながら発展してきたが、清時代の画人 沈南蘋は、円山応挙や司馬江漢など、多くの日本画家にも影響を与えたといわれている。このようなさまざまな画人たちの多彩な表現を鑑賞できる。
かさねのかたちー原美術館コレクション [展示会・展示イベント]

かさねのかたちー原美術館コレクション

  • 2017年09月16日(土) ~ 2018年01月08日(月)
  • 関越自動車道「渋川・伊香保IC」より8km、約15分。JR上越線「渋川駅」より伊香保温泉行きバスにて約15分、「グリーン牧場前」下車、徒歩7分。
  • 今展では、「かさね」をキーワードに原美術館の所蔵作品を見てゆく。祭壇のように積みあげた少女のポートレイトを、生と死を思う記憶のメタファとしたクリスチャン ボルタンスキーの作品をはじめ、李禹煥、奈良美智、名和晃平など、それぞれの作品を構成するさまざまな「かさね」のかたちに焦点を当てて紹介する。重奏的なたったひとつの物語をお楽しみに。
アーツ前橋「コレクション+」 アートの秘密 [展覧会]

アーツ前橋「コレクション+」 アートの秘密

  • 2017年07月21日(金) ~ 2017年09月26日(火)
  • 関越自動車道 前橋ICから約15分JR前橋駅より徒歩約10分、上毛電鉄中央前橋駅より約徒歩5分
  • 収蔵作品に若手作家の作品などを加えたテーマ展示「コレクション+」。今回は近隣美術館や個人所蔵家の協力のもと、様々な鑑賞体験を紹介する展覧会。「対象、社会、作家、他者、自己」と出会うという5つのテーマで構成、鑑賞者が自分の目でよく見て、体感し、考えることで作品をよく見るということを深める。作品との出会いにより新しい自分に気づき、世界が違って見えてくるというアートの魅力を伝える。
アーツ前橋「コレクション展」 [展覧会]

アーツ前橋「コレクション展」

  • 2017年06月15日(木) ~ 2017年09月26日(火)
  • 関越自動車道 前橋ICから約15分JR前橋駅より徒歩約10分、上毛電鉄中央前橋駅より約徒歩5分
  • アーツ前橋では地域ゆかりの作家や展覧会などのアーツ前橋の事業に参加した作家を中心に作品を収集。2016年度は新たに、地域ゆかりの作家として池田カオル、井田秋雄、木暮伸也、金子英彦、展覧会事業に関連した作家の中から廣瀬智央、水谷俊博の7作家64点を収蔵。今展ではその一部を紹介するとともに、アーツ前橋開館以前から前橋市が収蔵している作品を展覧する。
北軽井沢 シャワークライミング 「青の渓谷!ブルーキャニオン」 [体験・遊覧][スポーツ][ウォーキング・散策]

北軽井沢 シャワークライミング 「青の渓谷!ブルーキャニオン」

  • 2017年06月10日(土) ~ 2017年09月30日(土)
  • 上信越自動車道碓氷軽井沢ICより約30km
  • まさに“青の渓谷”クリアブルーの世界へ! 次々と現れる渓谷の滝風景に心奪われながらの沢歩き、沢登り。清流に浮かんだり流れたり、水遊びを思いっきり満喫! 時間たっぷり楽しめる、秘境のキャニオンニング・アドベンチャー。源流探検ガイドツアー。仲間とワイワイ川遊び楽しめる、自然体験アクティビティ。催行人数4名~。要予約。
キャニオニング「ぷかぷかキャニオン」アウトドア自然体験ツアー [体験・遊覧][スポーツ][ウォーキング・散策]

キャニオニング「ぷかぷかキャニオン」アウトドア自然体験ツアー

  • 2017年07月01日(土) ~ 2017年09月30日(土)
  • 上信越自動車道・藤岡ICより約20分、秩父鉄道長瀞駅周辺より約45分
  • 埼玉ぐんま県境キャニオニング。景勝地ながとろ近くで沢遊びアドベンチャー! のんびりぷかぷか流されて、滝落ちドボンでドッキドキ! 飛び込みありの水遊び。初めてのキャニオニング体験におすすめ。シャワークライミングコースもあり。日帰りはもちろん、キャンプや旅行中楽しめるレジャー。要事前予約。
キャニオンアドベンチャー「ディープフォレスト」 [体験・遊覧][スポーツ][ウォーキング・散策]

キャニオンアドベンチャー「ディープフォレスト」

  • 2017年06月24日(土) ~ 2017年09月30日(土)
  • 上信越自動車道・下仁田ICより3分
  • ジオパーク下仁田なんもくの奥深い森で地球体感! 渓谷の岩場でハラハラ&天然の滑り台でドッキドキ! 登りのシャワークライミングと下りのキャニオニングのいいとこ取りの、秘境の渓谷探検アウトドア・アドベンチャー! 奥深い森、天然岩ウォータースライダーや、ロッククライミングなどアドベンチャー体験盛りだくさんのガイドツアー自然体験。催行人数4~7名。要予約。
企画展「災害と玉村町」 [展覧会][講座・講演・シンポジウム]

企画展「災害と玉村町」

  • 2017年07月06日(木) ~ 2017年10月01日(日)
  • 関越自動車道「高崎玉村」スマートICより約5分、北関東自動車道「前橋南」ICより約10分JR高崎線「新町」駅より永井バス玉村町役場行前・橋駅行「玉村町役場」下車徒歩5分
  • 玉村町は利根川と烏川に挟まれて平坦な地形をなしていることから、洪水をはじめ数えきれない災害を経験してきた。今年は町制60年であるとともにカスリ-ン台風から70年の年でもある。この展示では、発掘調査や当時の記録を通じて、玉村町の災害の歴史をふりかえる。そして体験・記録・語り継ぎについて探る。
第10回 北軽井沢の杜クラフトフェア [展示会・展示イベント][体験・遊覧][フリーマーケット・バザー]

第10回 北軽井沢の杜クラフトフェア

  • 2017年09月30日(土) ~ 2017年10月01日(日)
  • 碓井軽井沢ICより約40分JR軽井沢駅から草軽交通バスにて「浅間ハイランドパーク」下車
  • 今年で10回目になるクラフトフェア。北軽井沢にアートやクラフト作家が約70組集まる2日間。木、陶芸器、布、ガラス、金属、革などで作る雑貨や家具、オブジェなど、温もりあふれる作品がいっぱい。ワークショップや高原野菜直売、フードブースも開催される。浅間山を望む自然の中、アートな2日間をお楽しみに。

前橋総局から

群馬アサヒ・コムは県内の主なニュース、連載記事、イベントなど、身近な話題を提供します。メールでのご意見、ご感想をお待ちしております。
メールはこちらから

朝日新聞 前橋総局 公式ツイッター

関連サイト

注目コンテンツ