メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

八ツ場ダム

八ツ場ダム湖近くに交流拠点

写真:住民総合センター(手前)と長野原町役場の新庁舎(奥) 拡大住民総合センター(手前)と長野原町役場の新庁舎(奥)

写真:八ツ場ダム関連の資料を置いた図書室 拡大八ツ場ダム関連の資料を置いた図書室

写真:敷地内から発掘された「久々戸遺跡敷石住居跡」を移した床下展示 拡大敷地内から発掘された「久々戸遺跡敷石住居跡」を移した床下展示

 国が2019年度末の完成を目指す八ツ場(や・ん・ば)ダムの湖岸となるJR長野原草津口駅近くに、群馬県長野原町役場の新庁舎と住民総合センターが完成した。25日にオープンする。センターはダムで地域が水没する見返りに建てられた。住民の交流拠点としてだけでなく、町を離れた人たちに故郷を思い出してもらう狙いもあるという。

■長野原町役場新庁舎とホール・図書室…

 両施設は棟続きの平屋建てで外観は1棟に見えるデザイン。新庁舎の役場機能はコンパクトに集約し、正面玄関近くに議場を配置した。正面玄関には、敷地内で発掘された縄文時代中期末(約4千年前)の「久々戸(く・ぐ・ど)遺跡敷石住居跡」を移した。床下のガラス越しに展示している。

 センターは約280席の多目的交流ホール、視聴覚室、図書室などが備えられた。蔵書は1万2千冊で、現在の町公民館図書室から倍増。八ツ場ダムコーナーを充実させ、建設中のダム写真や遺跡の発掘調査の全記録、ダム関連の書籍をそろえた。

 総事業費は約29億円。このうち13億円は、ダムの恩恵を受ける下流5都県(東京、埼玉、千葉、茨城、群馬)が拠出する利根川・荒川水源地域対策基金を活用した。

 町内の中学生から募集したセンターの愛称は、桜井くれはさん(現高1)の「@長野原(あっとながのはら)」が選ばれた。驚きと感動、町のよりどころになってほしいとの意味を込めたという。

 9日のお披露目の式典には国や県、住民ら約280人が出席。萩原睦男町長は「来年は町制130年、再来年には悲願だった八ツ場ダムが完成し、大きな節目を迎える。新たなスタートが切れる」と話した。

 1929(昭和4)年建設の現庁舎の扱いは、取り壊しも含めて今後検討するという。(泉野尚彦)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

前橋総局から

群馬アサヒ・コムは県内の主なニュース、連載記事、イベントなど、身近な話題を提供します。メールでのご意見、ご感想をお待ちしております。
メールはこちらから

朝日新聞 前橋総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ