メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

八ツ場ダム

巨石見つかる 頼朝ゆかり?

写真:かつて川原湯温泉の共同浴場「王湯」があった公園予定地付近で見つかった巨石=8月、国土交通省八ツ場ダム工事事務所提供 拡大かつて川原湯温泉の共同浴場「王湯」があった公園予定地付近で見つかった巨石=8月、国土交通省八ツ場ダム工事事務所提供

写真:王湯会館の前には、衣掛け石のレプリカが設置されている=長野原町川原湯 拡大王湯会館の前には、衣掛け石のレプリカが設置されている=長野原町川原湯

 国が2019年度末の完成に向けて工事を進める八ツ場ダム建設現場の長野原町川原湯地区で、推定約35トンの巨石が掘り出された。見つかった場所は、かつて温泉街の共同浴場「王湯」があった場所のすぐそば。温泉の由来として地元で語り継がれてきた源頼朝ゆかりの「衣掛け石」では――。地元ではそんな声が上がっている。

 国土交通省八ツ場ダム工事事務所によると、この巨石はダム湖岸の公園予定地付近を工事中の今年8月、地中から見つかった。高さ2・6メートル、周囲は10メートルに及ぶ。10月中旬に地元住民を招いて見学会を開き、その後埋め戻した。

 長野原町誌などによると、川原湯温泉は1193年に源頼朝が開いたという伝承がある。頼朝が湯につかった際、脱いだ衣を掛けたとされる「衣掛け石」が長らく共同浴場「王湯」の前にあった。だが1930(昭和5)年ごろ、豪雨被害後の道路拡張工事のため地中に埋められたという。

 2014年に高台の代替地に移転オープンした現在の王湯会館の前には、衣掛け石のレプリカが飾られている。

 明治時代の衣掛け石の写真と今回発見された石を比べると頂点が一部削られているが、形は似ている。同一とすれば、約90年ぶりに日の目を見たことになる。

 八ツ場ダム予定地に関係する土地の伝承を集めた「長野原町の昔ばなし」(1997年)では、大正生まれで地元育ちの豊田嘉雄さん(2007年死去)が「すべって遊んだりした大きい石だった」などと語っている。

 豊田さんの次男で、川原湯温泉の移転代替地で「やまた旅館」を営む拓司さん(66)は「せっかく見つかったものなので、何か目で見て分かるものを残せればいいね」と話す。

 観光のシンボルにと期待する声が出ている一方、工事事務所は「石がもろくなっており、技術的に動かすのが困難。コストや工期の問題もあり、活用するのは難しい」としている。(山崎輝史)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

前橋総局から

群馬アサヒ・コムは県内の主なニュース、連載記事、イベントなど、身近な話題を提供します。メールでのご意見、ご感想をお待ちしております。
メールはこちらから

朝日新聞 前橋総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ