メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

八ツ場ダム

ダムに水ためるまで

写真:それぞれのスタイルで吾妻渓谷にバンジージャンプする参加者 拡大それぞれのスタイルで吾妻渓谷にバンジージャンプする参加者

写真:地元の萩原睦男町長もバンジージャンプに挑戦した=いずれも長野原町 拡大地元の萩原睦男町長もバンジージャンプに挑戦した=いずれも長野原町

 来春完成予定の八ツ場ダム(長野原町)にかかる八ツ場大橋で20日、高さ106メートルのバンジージャンプの営業が始まった。町は「日本一高いバンジージャンプ」としてPRする。ただ今年秋ごろ、ダムに試験的に水をため始めると最大でも高さが半分程度になってしまうため、日本一の高さは期間限定という。

 ダム完成後の地域振興策の一つとして町が誘致した。みなかみ町などでもバンジージャンプを手がける「スタンダードムーブ」(みなかみ町)が運営。長野原町では今後も水陸両用車やカヌーなどのダムを活用したアトラクションの整備を進めていくという。

 午後からは一般参加者延べ約30人が吾妻渓谷に向かってジャンプを楽しんだ。前橋市の自営業小林順一さん(68)は「飛び立つ瞬間がなんとも言えずたまらない。景色もいいし、また挑戦したい」と話した。参加料は1回2万円。今年の営業は10月末までを予定している。詳細はホームページ(www.bungyjapan.com)で確認できる。(森岡航平)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

前橋総局から

群馬アサヒ・コムは県内の主なニュース、連載記事、イベントなど、身近な話題を提供します。メールでのご意見、ご感想をお待ちしております。
メールはこちらから

朝日新聞 前橋総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ