メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

八ツ場ダム

ダムに翻弄 こけしに投影

写真:笑顔のこけしを描く樋田ふさ子さん 拡大笑顔のこけしを描く樋田ふさ子さん

写真:かつて樋田ふさ子さんが作っていたこけし。姿形は可愛らしいが、笑顔は見られない=本人提供 拡大かつて樋田ふさ子さんが作っていたこけし。姿形は可愛らしいが、笑顔は見られない=本人提供

 「今までで一番笑顔のこけしだけど、もっとうれしそうな顔は描けないよ」。来春完成予定の八ツ場(や・ん・ば)ダム(長野原町)に臨む川原湯温泉街で唯一の土産物店「お福」を営む樋田ふさ子さん(90)は、ダム建設に翻弄(ほん・ろう)された自身の人生を重ねたこけしを作ってきた。建設中止表明には驚きや怒り、建設再開には柔和な表情に……。体力の衰えから「このこけしが最後。締めくくりのつもりで描いてます」というふさ子さん。ダム完成を前にしても、こけしの笑顔にはふさ子さんの複雑な思いがにじんでいる。

 自家製の川原湯名物「名勝もなか」などを販売する店内で、ふさ子さんはこけし型の白木に、絵筆で顔や着物を丁寧に描いていた。「これまで長かったよ。私の人生、全部ダムだった」

 秋に予定されるダムに水をためるテスト「試験湛水(たん・すい)」を前に、中断していたこけし作りを春ごろから再開した。今描いているこけしは3種類。それぞれ表情は異なるが、いずれも柔和な笑顔で「喜び」「祈り」「感謝」と書いた。「ようやくダムができる喜び、事故がないようにとの祈り、私たちを支えてくれた人たちへの感謝の気持ちを込めたんです」

 最初にこけしを作ったのは2010年秋。民主党(当時)政権がダム建設中止を表明し、地元に動揺が広がっていた。慣れ親しんだ里山を追われ、新たに高台の造成地へと移り住む覚悟を決めていただけに、「何を今更」とふさ子さんは怒りが募った。知人への贈り物や地元の名物にと作ったこけしは住民の不安や怒りを反映し、大きく目を開いたり泣いたりする表情になった。背中には何も描かず、未完成のダムを表した。

 ふさ子さんが川原湯へ嫁いできたのは、ダム計画が浮上したのと同じ1952年。ダム建設の賛否をめぐって住民同士が対立し、住民の生活再建を条件に建設を最終的に受け入れた後も、工事の遅れや中断が相次いだ。その間に住民の転出が相次ぎ、最盛期に20軒ほどあった温泉街の旅館は数軒だけに。残った住民の高齢化も進む。

 この数カ月で7体がほぼできあがった。今後もできる限り作り、店を訪れた知人に贈るつもりだ。ふさ子さんは「ダムができても川原湯がこの先どうなるかわからない。何の不安もない大輪の笑顔を描きたかったけど、心から喜んだ顔は描けないよ」とつぶやく。今は客や知人が店に来てくれるのが何よりの楽しみだ。「大変なことばかりだったけど、多くの人に支えられた」とほほえんだ。(丹野宗丈)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

前橋総局から

群馬アサヒ・コムは県内の主なニュース、連載記事、イベントなど、身近な話題を提供します。メールでのご意見、ご感想をお待ちしております。
メールはこちらから

朝日新聞 前橋総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ