メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ひるナビ!Bingo

水呑カフェボヌー

写真: 拡大

 ■瀬戸内真鯛と海老のグリーンカレー

 ◇深いコク 辛さまろやか

 住宅が多く並ぶ福山市南部の水呑(み・のみ)町に2011年12月にできた「水呑カフェボヌー」。オープン以来、女性客を中心に人気のメニューが「瀬戸内真鯛(ま・だい)と海老(え・び)のグリーンカレー」(税込み1030円)だ。

 スパイスにココナツミルク、鶏肉でとっただしをベースにして、刻んだパプリカやズッキーニ、ナスと一緒に煮込んだルーはコクがあり、甘すぎず辛すぎない味わい。鞆(とも)の浦の沖合でとれた鯛や、キノコのフクロタケなどがメインの食材として存在感を放っている。

 一口食べるごとに、いくつもの食材の風味が絡み合い、絶妙なバランスが感じられる。赤キャベツ、小松菜などでできた付け合わせの野菜に、サラダもついているのが健康的でうれしい。

 オーナーの鈴木大孝(とも・のり)さん(38)は埼玉県出身。東京都内のフレンチレストランなど様々な飲食店で腕を磨いてきた。

 子どもの頃から「海のそばに住みたい」という思いを抱き、水呑町で暮らす女性と結婚したのを機に、鞆の浦に近いこの町に移って店を出すことにしたという。「どのメニューにも鞆や水呑町へのこだわりがあります」と話す。 (雨宮徹)

  ■ □ ■ メモ ■ □ ■

 福山市水呑町4727の1。

 電話 084・956・1939

 営業時間は午前8時〜午後6時。日曜と第2、第4月曜定休。ランチメニューには「鞆ノ津生パスタ」(税込み1350円)などもある。予約制の弁当や一品料理のテイクアウトも手がけており、おすすめ弁当は「ボヌーチキン弁当」(同750円)という。

PR情報

ここから広告です

広島総局から

「地域情報・広島」では県内の主なニュース、連載、イベント情報など多彩な話題をお届けしています!情報提供やご意見ご感想はメールでお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 広島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】大自然とアートを楽しむ

    大自然とアートを楽しむ

  • 写真

    【&TRAVEL】駿河湾の男衆が女装して踊る

    「天下の奇祭」大瀬まつり

  • 写真

    【&M】ポークご飯はナイフいらず

    ドーカン(東京・半蔵門)

  • 写真

    【&w】小さな小さなうでまくら

    フォトギャラリー

  • 写真

    好書好日ASKAさん35年ぶり詩集

    谷川俊太郎さんと念願の対談

  • 写真

    WEBRONZA誰のせい?予算100兆円超

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいま、ワードローブが変わる

    #1ジョルジオ アルマーニ

  • 写真

    T JAPAN自社田で米作りから手がける

    岡山県「丸本酒造」の流儀

  • 写真

    GLOBE+空っぽのひつぎに涙こぼす

    エチオピア機事故の取材から

  • 写真

    sippo片目を失った子猫

    幸せ願い「みちる」と命名

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ