メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ひるナビ!Bingo

水呑カフェボヌー

写真: 拡大

 ■瀬戸内真鯛と海老のグリーンカレー

 ◇深いコク 辛さまろやか

 住宅が多く並ぶ福山市南部の水呑(み・のみ)町に2011年12月にできた「水呑カフェボヌー」。オープン以来、女性客を中心に人気のメニューが「瀬戸内真鯛(ま・だい)と海老(え・び)のグリーンカレー」(税込み1030円)だ。

 スパイスにココナツミルク、鶏肉でとっただしをベースにして、刻んだパプリカやズッキーニ、ナスと一緒に煮込んだルーはコクがあり、甘すぎず辛すぎない味わい。鞆(とも)の浦の沖合でとれた鯛や、キノコのフクロタケなどがメインの食材として存在感を放っている。

 一口食べるごとに、いくつもの食材の風味が絡み合い、絶妙なバランスが感じられる。赤キャベツ、小松菜などでできた付け合わせの野菜に、サラダもついているのが健康的でうれしい。

 オーナーの鈴木大孝(とも・のり)さん(38)は埼玉県出身。東京都内のフレンチレストランなど様々な飲食店で腕を磨いてきた。

 子どもの頃から「海のそばに住みたい」という思いを抱き、水呑町で暮らす女性と結婚したのを機に、鞆の浦に近いこの町に移って店を出すことにしたという。「どのメニューにも鞆や水呑町へのこだわりがあります」と話す。 (雨宮徹)

  ■ □ ■ メモ ■ □ ■

 福山市水呑町4727の1。

 電話 084・956・1939

 営業時間は午前8時〜午後6時。日曜と第2、第4月曜定休。ランチメニューには「鞆ノ津生パスタ」(税込み1350円)などもある。予約制の弁当や一品料理のテイクアウトも手がけており、おすすめ弁当は「ボヌーチキン弁当」(同750円)という。

PR情報

ここから広告です

広島総局から

「地域情報・広島」では県内の主なニュース、連載、イベント情報など多彩な話題をお届けしています!情報提供やご意見ご感想はメールでお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 広島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】工具メーカーの鋭い切れ味

    プロ御用達のおろし器

  • 写真

    【&TRAVEL】織田家ゆかりの名水の街

    にっぽんの逸品を訪ねて

  • 写真

    【&M】新作「散り椿」が公開間近

    木村大作が語る映画撮影

  • 写真

    【&w】伊坂幸太郎の人気シリーズ

    ファン待望の三作目〈PR〉

  • 写真

    好書好日150冊読んで見つけた原作

    木村大作監督「散り椿」秘話

  • 写真

    WEBRONZA韓国の脳死・臓器移植の現状

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン銀座三越で特別イベント開催

    旬の着こなし術を編集長が解説

  • 写真

    T JAPAN花や鳥をお菓子で表現

    伝統工芸菓子の妙なる世界

  • 写真

    GLOBE+政治劣化はトランプのせい?

    否、逆だ。その理由は

  • 写真

    sippo河川敷の“ホームレス犬”

    老いて初めての室内暮らし

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ