メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

9ジラジ新聞、平和号外

恋の公開告白 みんなに勇気

写真: 拡大

「僕には中学の同級生で好きな人がいます。本当にあなたが大好きです」。9ジラジに恋の相談をしてくれた彼は、その日“好き”の気持ちをラジオから届けました。ただ、告白を聴いていたのは学校の友達でした。「うそでしょ。ビックリです。応援してあげたいんですが出来ません。自分も彼女が好きだからです。僕と付き合って下さい」と、まさかの9ジラー(リスナー)が、恋の三角関係に。

 僕らは二人の真剣な気持ちを受けて、本人たちの意思を尊重し、翌日の番組で電話をつなぎ、生の声で告白してもらうことにしました。それぞれが全力の言葉で公開告白。同級生からの“好き”をラジオで聴いた彼女は「急だったんで動揺しています。でも二人の気持ちはすごくうれしいです。しっかり考えて、明日の学校で返事をしようと思います」。

 そして次の日。「どんな結末になってもラジオで肩を組もう」と決めて僕らは返事を待ちました。結果は「今は勉強に集中したいからごめんなさい」。さらに、その夜は番組にもメッセージが。「悩みましたが、自分の思いを伝えられて良かったです。返事をした後も二人が普通に話しかけてくれてうれしかったです。本当にありがとう」。告白した二人も「辛(つら)いけど、本音を伝えられて良かった。これからも三人は仲良しだから心配しないで(笑)」「思いを届けることの大切さを知りました。友達から『公開告白とか度胸あるな』と言われましたが、度胸なんてありません。ずっと“好き”を伝えられなかった人間です。しかし、ラジオで友達の告白を聴いていても立ってもいられなくなりました。その時にこれが“好き”という気持ちだと確認できました。僕と同じ状況の人にも一歩踏み出してほしいです」。

 素晴らしい。今回、二人に勇気をもらって前に進みだした9ジラーがたくさん。あなたはどうでしょう? まだ伝えていない“好き”はありませんか?

 *

 おおくぼ・しげき 1979年、大阪府生まれ。07年から広島FMで「9ジラジ」(月〜木曜・午後8時)のDJとして活躍中。ご意見、ご感想は広島FMのホームページ(hfm.jp)から。

PR情報

ここから広告です

広島総局から

「地域情報・広島」では県内の主なニュース、連載、イベント情報など多彩な話題をお届けしています!情報提供やご意見ご感想はメールでお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 広島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ