メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ちゅうごく経済

広がる「木育」、心育む

写真:木のおもちゃで遊ぶ木村さん親子や福武さん=山口市徳地野谷 拡大木のおもちゃで遊ぶ木村さん親子や福武さん=山口市徳地野谷

写真:ショッピングセンター内で木育を体験できる子育て支援センター「キッズランドMOMO」=府中市府川町 拡大ショッピングセンター内で木育を体験できる子育て支援センター「キッズランドMOMO」=府中市府川町

 ■幼児のころから玩具で温かさ知って 

 子どもの頃から木のおもちゃや道具を身近に使うことで、豊かな心を育むことをめざす「木育(もくいく)」。子育て世代の共感を得て、中国地方でも各地で取り組みが広がっている。関係者は地元の関連産業の活性化も期待している。

 ■「林業女子会」ひろば提供 山口・徳地地区

 ホーホケキョ。ウグイスの鳴き声が、山あいにこだまする。山口市の中心部から車で約30分の徳地地区。国道489号沿いに小さな赤い屋根の建物が立つ。集会所を改装した「森林セラピー山口」。建物内の一室には、県産ヒノキのフローリングを敷いたコーナーがある。2畳ほどの「こどもの木育ひろば」だ。

 「並べてごらん」「できた!」。3月下旬、小さな男の子が積み木を目の前の高さまで重ねて、うれしそうな表情を浮かべた。

 ひろばを作ったのは、県内の子育て世代の女性らでつくるサークル「林業女子会@山口」。代表の木村衣里菜さん(34)は林業の技術職に携わる県職員で、SNSで木育を知り、知人らに呼びかけて2014年7月に会を立ち上げた。

 イベントに出展し、木のおもちゃで自由に遊んでもらう活動に取り組んでいる。「何をしてもいいんです。教えなくていいから、しからなくていい。お母さんにとっても心地良い」。メンバーの福武典子さん(52)は、そう説く。

 木村さんの長男航輝君(4)も、物心ついてからずっと積み木に夢中だ。「形と色が好き」とにっこり。木村さんは「決まった形がなく色んなものが作れる。想像力が豊かになったと思う」と話す。「まちの人たちと森がつながる場」の提供を続けていくのが木村さんたちの目標だ。

 ■「木工のまち」産業振興も 広島・府中市

 赤ちゃんの頃から木のおもちゃに親しむ「ウッドスタート宣言」を呼びかける東京おもちゃ美術館によると、木育は国産木材の利用促進をめざす取り組みとして始まり、最近では子育て世代に浸透。宣言に加わった自治体は全国で40に上るという。

 その一つが、古くから家具製造が盛んだった「木工のまち」の広島県府中市だ。市中心部にある大型ショッピングセンター「府中天満屋」の2階に入る、子育て支援センター「キッズランドMOMO」では2016年4月のオープン以来、木のおもちゃに親しむ「木育あそびの日」を月3日間、設けている。4月からは、これを6日間連続させる「木育あそびの週」に格上げする予定だ。

 センターには親子で遊べるスペースがあり、木育あそびの日には木のミニカーやおままごとセット、木琴、カスタネットなどを用意。幼児がまたいで遊べる乗り物は、市内の県立府中東高校の生徒が手作りした。木育あそびの日は、普段よりも利用者が多い傾向にあり、お母さんたちからも「木のにおいがホッとする」「触るだけで癒やされる」と好評だ。

 地元のNPO法人「府中ノアンテナ」が地元の家具職人や保育士と作った「KiTAS」(きたす)ブランドの積み木も置かれている。自由な発想で積み上げる子どもが多く、センター長の橘高理恵子さんは「木のぬくもりを感じつつ、楽しみ方は色々」と語る。

 25日には、市が木育推進の拠点として児童会館「市こどもの国ポムポム」をリニューアルオープンさせた。東京おもちゃ美術館が監修し、スギやヒノキを使った赤ちゃんや児童向けの遊び場を備える。

 地元の伝統的な味噌(みそ)造りにちなみ、味噌樽(だる)やふたを模した遊具も置き、子どもたちや保護者にこれらに親しんでもらうことで、ゆくゆくは地元の関連産業の振興にもつながればとの願いも込めている。市の担当者は「木の温かみを知ってもらい、自然との関係に思いをはせてほしい」と話す。(成沢解語)

 ■中国地方のウッドスタート宣言自治体と主な取り組み

 <自治体名> 取り組みの内容

     *

 <鳥取県智頭町(ちづちょう)> 木のおもちゃと触れ合うイベント「木育キャラバン」

 <島根県邑南町(おおなんちょう)> 庁舎内にキッズスペースを設け、木のおもちゃを置く

 <岡山県西粟倉村(にしあわくらそん)> 村内のお祭りでブースを作り、木育を体験してもらう

 <広島県府中市> 木材を内装や遊具に使った「市こどもの国ポムポム」

 <山口県長門市> 親子が木のおもちゃで遊べる「長門おもちゃ美術館」

ここから広告です

広島総局から

「地域情報・広島」では県内の主なニュース、連載、イベント情報など多彩な話題をお届けしています!情報提供やご意見ご感想はメールでお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 広島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】クルっと変身が楽しい!

    話題の3D&360対応カメラ

  • 写真

    【&TRAVEL】ホータンからチャルチャンへ

    玄奘三蔵が歩いた道・帰路編

  • 写真

    【&M】“AVの罪”をどう考えるか?

    湯山玲子がしみけんに直撃!

  • 写真

    【&w】決め手は夫のあの一言だった

    『人魚の眠る家』篠原涼子さん

  • 写真

    好書好日やり投げ界のエースの修業

    新井涼平、90m超え目指して

  • 写真

    WEBRONZA海を漂う魚の幼生の謎を追う

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン「無病息災」を願って贈る

    おいしくてヘルシーな手土産

  • 写真

    T JAPANデュシャンと日本美術の共通点

    便器と竹筒が、なぜアートに?

  • 写真

    GLOBE+子どもがもし障害者だったら

    きょう公開 いろとりどりの親子

  • 写真

    sippo猫の性格は毛柄で決まる?

    大学でまじめに調査

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ