メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

地方から未来へ【第6部・生業を守り継ぐ】

協力隊制度で担い手育成(島根県津和野町)

写真:自伐型林業に取り組む「津和野ヤモリーズ」の細谷健さん(右端)ら=島根県津和野町 拡大自伐型林業に取り組む「津和野ヤモリーズ」の細谷健さん(右端)ら=島根県津和野町

写真: 拡大

■芽を出した自伐型林業

 中国山地に抱かれた島根県津和野町。面積の9割をスギやヒノキの植林地や広葉樹林が占め、かつては林業や炭焼きが盛んだった。今は荒れた森林が目立つ。林業の担い手が高齢化し、十分な手入れができなくなったからだ。町は対策に力を入れている。

 10月上旬。細い林道を1キロほど進むと、3人の男性が間伐材を運ぶための林道の工事に汗を流していた。チェーンソーで木を切り倒し、重機で根を掘り出していく。

 その1人、神奈川県出身の細谷健さん(35)は、小規模な機械で森林の整備や伐採を担う自伐型林業チーム「津和野ヤモリーズ」の一員だ。田舎暮らしへの思いが高じて会社を辞め、昨年4月に妻と共に移住してきた。「林業はダイナミックで面白いし、健康的な生活にもなった」と語る。今は消防団に入って地域にとけこみ、近所から野菜をもらうこともある。

 森林の荒廃に危機感を持った町は2014年度から、総務省の地域おこし協力隊の制度を利用して、ヤモリーズのメンバーを育成している。

 田舎暮らしや林業に興味のある若者を全国から募り、林業体験など3日間の現地研修を通して、やる気や人柄を見定める。採用後は最長3年の間、月16万6千円の報酬などを支払い、伐採や運搬技術を身につけてもらう。

 隊員になると、間伐作業などにあたりながら、ブログなどで日々の仕事や暮らしぶりを発信する。前職は会社員や大学職員、板金職人など多彩だ。妻子と赴任した隊員や、地元の女性と結婚した隊員もいる。

 任期後も、町が仕事先の紹介や起業支援をして丁寧にフォローする。過疎化に悩む人口約7400人の町にとっては、定住促進にもつながるからだ。5年間で20〜40代の男女16人が隊員になり、現在はうち8人が在籍。任期後も4人が町内に住み、林業などで生計を立てている。細谷さんは、わさび農家との兼業などを考えているという。

 同町が自伐型林業に取り組み始めたきっかけは、05年からの5年間の人口減少率が11・4%に上り、県内ワースト1位になったことだ。「恵まれた森林を生かして雇用の場を作れないか」と考え、自伐型林業の先進地・高知のNPO法人「土佐の森・救援隊」などの助言も得ながら試行錯誤してきた。

 11年には、自伐型林業による間伐材を業者に売ると、町が1トン当たり3千円を地域通貨で上乗せする事業を採り入れた。個人の林業家が2、3人から約30人に増え、年間700トン前後を出荷するまでに。16年には森林保全のため「美しい森林(もり)づくり条例」も制定した。

 町農林課の桑原正勝課長補佐がこんなことを教えてくれた。「40代の部下も3月に退職して、自ら自伐型林業に取り組んでいるんですよ」(清水康志)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

広島総局から

「地域情報・広島」では県内の主なニュース、連載、イベント情報など多彩な話題をお届けしています!情報提供やご意見ご感想はメールでお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 広島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ