メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

平和・ヒロシマ

 「一人ひとりが行動を」

写真:シンポジウムでは核兵器禁止条約の重要性などを語り合った=広島市中区、大滝哲彰撮影 拡大シンポジウムでは核兵器禁止条約の重要性などを語り合った=広島市中区、大滝哲彰撮影

 ◇ 広島のシンポにサーロー節子さん  

 カナダ在住の被爆者サーロー節子さん(86)が11月28日、里帰りした広島市でシンポジウム「核なき世界を実現するために」に登壇した。政府が背を向ける核兵器禁止条約の発効に向け、「一人ひとりが行動を」と呼びかけた。市民団体「核兵器廃絶をめざすヒロシマの会」(HANWA)主催で約330人が聴き入った。(東郷隆)

 ■基調講演

 昨年7月、核兵器禁止条約が国連で採択されました。あの日の死者の声なき声、その後の被爆者の苦しみを代弁してきた者として、これほどうれしかったことはありません。

 条約が法的効力を持つには50カ国の批准が必要です。ただ、日本政府は横を向き、拒絶する態度です。非常に悲しいことです。

 この尊いものを本当に有効なものにするために、一緒に声を大きくしてください。政府に、50カ国の一つになるよう、手紙を書くなり、国会議員と議論なさるなり、それはみなさんでお考えになることができると思うんです。一人ひとりが目的に向かって前進しましょう。

 (母校の)広島女学院の若い人たちとお話しして、本当に勉強されていて心強く思いました。中年、高齢の人たち、勉強していますか。行動をとっていますか。全ての年齢の人が一緒に行動をとれるように。そういう夢を持っています。

 ■核禁条約批准要請、我々の責任 パネル討論

 【パネル討論の参加者】

 金崎由美さん(中国新聞記者)

 森滝春子さん(HANWA共同代表)

 下久保理子さん(高校生平和大使、ノートルダム清心高2年)

           *

 金崎 サーローさんは、「目標に向けて取るべき戦略は何か」と常に考えて行動に移している。核禁条約発効のために政治を動かそう、行動しようというのが広島へのメッセージ。私たち自身が問われている。

 下久保 8月にスイスで核保有国の外交官と話した時、核の抑止力という考え方が強く根付いていると実感した。被爆者から学んできた私たちにとって核兵器そのものが恐怖。焼け野原を懸命に生き抜いた人々の思いを発信し続けたい。

 森滝 日本政府には非常にむなしさを感じるが、あきらめるわけにはいかない。日本を核禁条約の発効に必要な50カ国の一つに加わらせるためには、私たちの連帯した行動、国際社会との連帯が不可欠だ。

 サーロー 広島と長崎が率先して政府に核禁条約の批准を迫るのは、我々の道徳的、人道的な責任。「誰かがしてくれる」ではなく、一人ひとりの活動を心の底からお願いしたい。

 下久保 被爆体験のない世代に訴え続けて欲しいメッセージは何でしょうか。

 サーロー 私たちは苦しみ悲しみながらも前向きな決断に到着したと思う。「この経験をほかの人にさせてはいけない」という確信だ。それを広く長く伝えて欲しい。

 (敬称略)

ここから広告です

広島総局から

「地域情報・広島」では県内の主なニュース、連載、イベント情報など多彩な話題をお届けしています!情報提供やご意見ご感想はメールでお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 広島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ヒートショック対策に

    タニタの無線温湿度計〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】祇園の美しいおもたせ専門店

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】ビール缶ごと収納できる

    スノーピークの保冷ボトル

  • 写真

    【&w】上間常正@モード

    D&G動画炎上騒動の問題とは

  • 写真

    好書好日滝沢カレンの物語の一歩先へ

    小林多喜二「蟹工船」を超解釈

  • 写真

    WEBRONZA奨学金延滞防ぐ仕組み作りを

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン“女優”としての思いを語る

    篠原涼子インタビュー

  • 写真

    T JAPAN水田の中に立つデザインホテル

    山形庄内の魅力を五感で堪能!

  • 写真

    GLOBE+「ダバオ暗殺団」実在する?

    フィリピン麻薬対策の影

  • 写真

    sippo変わりやすい猫の気分は4つ

    生存のため切り替え早く?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ