メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

平和・ヒロシマ

爆死の留学生 語り継ぐ

写真: 拡大

写真:ニック・ユソフさんの物語を絵本にした青木圭子さん=広島市中区 拡大ニック・ユソフさんの物語を絵本にした青木圭子さん=広島市中区

写真:原爆投下当時、広島にいた留学生たち。中央が被爆翌月、京都で亡くなったサイド・オマールさん=栗原明子さん提供 拡大原爆投下当時、広島にいた留学生たち。中央が被爆翌月、京都で亡くなったサイド・オマールさん=栗原明子さん提供

 ■京都・埋葬された寺周辺の住民ら

 広島で被爆し、その後亡くなったマラヤ(現・マレーシア)の留学生、サイド・オマールさん(当時19)。遺体が埋葬されている京都市左京区の圓光寺近くの住民らが今夏、「オマールさんの会」を立ち上げる。異国で戦争の犠牲になった青年の存在を、平和の尊さを地域で考えるきっかけにしたいという。

 紅葉の名所として名高い圓光寺の一角に他と趣の異なる墓がある。

 「SYED OMAR BIN MOHAMED ALSAGOFF」という名とともに、作家の武者小路実篤の詩が石碑に刻まれている。「オマール君 君はマレーからはるばる日本の広島に勉強しに来てくれた それなのに君を迎えたのは原爆だった」

 太平洋戦争中に来日した南方特別留学生=キーワード=の一人。広島文理科大(現・広島大)の学生で、爆心地から1・5キロの寮で被爆した。終戦後、帰国のため東京に向かう途中の電車内で容体が急変。京都で下車し、9月3日に病院で死亡した。京都で埋葬され、1961年に圓光寺に移された。

 74年には、「オマール君の墓を守る会」が設立され、命日前後に「オマール忌」として法要を開いてきた。寺の1キロ北にある市立修学院小は、90年代から広島に修学旅行に行き、当時を知る人の話を聞いたりしてきた。94年には学習成果を「オマールさんを訪ねる旅」として出版。だが「墓を守る会」は2008年に解散し、その後は寺が独自に法要を続けてきた。

 「寺だけで続けるには限界がある。維持するにはどうしたらいいか」。大坪慶寛住職(72)が、同小の元教諭、早川幸生さん(70)に相談した。早川さんは修学院小時代の教え子や保護者、地域住民、平和団体などに声をかけた。「大切な歴史を地域で学ぶ機会だ」との声が上がり、「圓光寺に眠る被爆南方特別留学生サイド・オマールさんを語り継ぐ会(圓光寺オマールさんの会)」を20日に発足させることが決まった。代表は早川さんが務める。

 発足の日から、寺の宝物殿で南方特別留学生の資料などを並べた展示を開く。最終日の9月3日には、これまで通り法要を行う。

 大坪住職は「戦争の理不尽さを地域で考えるきっかけになれば」。オマールさんらが暮らした寮の近くの住民で、被爆後ともに野宿をしたという広島市の栗原明子(めいこ)さん(93)は、「生きて祖国に帰れなかったオマールさんは悔しいはず。でも京都の方が忘れないでいてくれてうれしいと思いますよ」と話した。

 問い合わせは、圓光寺(075・781・8025)へ。(宮崎園子)

 ■ユソフさん、絵本に 広島の女性、自費出版

 「僕の名前はニック・ユソフ。広島の五日市にある光禅寺というお寺のお墓に眠っています」「京都の円光寺にあるオマールさんのお墓とそっくりです」

 広島平和記念資料館のピースボランティア、青木圭子さん(66)が、絵本「ユソフさん」を自費出版した。B5判12ページで、広島市内の小中学校や図書館で読むことができる。

 ユソフさんはオマールさんと同郷で、ともに寮で被爆。その後亡くなり、広島市佐伯区の光禅寺に墓がある。出版のきっかけは、ユソフさんら広島に墓がある南方特別留学生について、修学院小で話してほしいと依頼されたことだった。青木さんは7年ほど前、栗原明子さんから南方特別留学生の話を聞き、惨禍のさなかに助け合ったことに感銘を受け、調べていた。

 青木さんは「広島でも南方特別留学生のことは知られていない。読んで少しでも知ってもらえたら」と話している。

 「南方特別留学生を語り伝える会」への支援金(500円)で入手可能。問い合わせは同会(aokikeiko50@gmail.com)へ。

 ◆キーワード

 <南方特別留学生> 太平洋戦争末期、日本が占領下の国で親日の指導者を育てるため、有力者の子弟を集めて選んだ205人の国費留学生。広島大によると、原爆投下当時、広島文理科大(現・広島大)に9人が在籍し、うち2人が死亡。被爆した留学生のうち、ハッサン・ラハヤさんはインドネシアの国会議員となり、ペンギラン・ユソフさんはブルネイの初代首相を務めた。それぞれ母国で被爆体験を語り継いだが2016年までに全員亡くなった。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

広島総局から

「地域情報・広島」では県内の主なニュース、連載、イベント情報など多彩な話題をお届けしています!情報提供やご意見ご感想はメールでお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 広島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ