メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月12日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

平和・ヒロシマ【聞きたかったこと〜被爆から74年〜】

同じ日に逝った両親

写真:修学旅行生に体験を語る笠岡貞江さん=広島市中区の平和記念資料館 拡大修学旅行生に体験を語る笠岡貞江さん=広島市中区の平和記念資料館

写真:笠岡さんの家族写真。前列左端が笠岡貞江さん、隣が祖母、右端は母キチさん。後列右端は兄吉太郎さん、右から2人目は父品次郎さん=笠岡貞江さん提供 拡大笠岡さんの家族写真。前列左端が笠岡貞江さん、隣が祖母、右端は母キチさん。後列右端は兄吉太郎さん、右から2人目は父品次郎さん=笠岡貞江さん提供

 広島市西区 笠岡貞江さん(87)

 父の体は真っ黒になっていた。お酒が好きだったのに、ビールを口元に注ぐと、のみ込む力はなく、こぼれていった。母の元気な姿も再び見ることはなかった。12歳だった笠岡貞江さん(87)=広島市西区=は、両親を失った被爆体験を修学旅行生に語っている。若い世代に伝えたい思いを聞いた。

    ■    □    ■

 あの夏、進徳高等女学校(現・進徳女子高校)の1年生だった。空襲の延焼を防ぐため、建物を取り壊す「建物疎開」の作業などをしていた。

 青空が広がった8月6日の朝。両親はすでに友人の建物疎開の手伝いに出かけていた。江波町(現・広島市中区)の自宅の庭で洗濯物を干して部屋に戻ると、窓が光った。初日の出にオレンジ色をまぜたようだった。気を失った。頭を触ると、血が手についた。割れたガラス片でけがをしたようだ。「早く逃げないと」。一緒に留守番をしていた祖母と防空壕(ごう)をめざした。自宅は爆心地から3・5キロの距離にあった。

 近所の人と壕の中で身を寄せた。外に出ると、家々が傾き、壁土が落ちていた。「ガス会社が爆発したのか」などと大人たちは言い合った。やけどを負った男性が市の中心部の方から戻ってきて「大ごとじゃ。ピカーと光ってみんなやられた」と叫んだ。

 関西から帰省途中だった兄の平岡吉太郎さん(94、当時20)は広島駅近くで被爆。実家にたどり着くと、きびすを返して両親を捜しに行った。

 父の品次郎さんは大八車に乗せられて帰ってきた。やけどで体は黒光りし、唇はザクロのように腫れ、「水をくれ」と発した。そして「(妻の)キチと途中ではぐれた。捜してくれ」と案じた。その声でようやく父と分かった。

 「水を飲ますと死んでしまう」といううわさが飛び交っていて、のどを潤してあげられなかった。今も心が痛む。

 キュウリなどを湿布の代わりにして手当てしたが、衰弱は止められなかった。大切に保管していたビール瓶の口を石で割り、父に飲ませた。息を引き取ったのは8月8日のことだ。

 火葬場は利用できなかったので、浜辺に穴を掘って火葬した。兄と交代で火を見守った。あたりには同じように肉親を見送った人たちがいた。幾本もの煙が空に立ち上っていた。「みんな、悪いことはしていないのに」

 母のキチさんはなかなか見つからなかった。広島湾の似島に被爆者が運ばれたと知り、兄が訪ねた。父と同じ8日に亡くなっていた。小さな袋に入った、少しの遺骨と髪の毛を受け取った。

    ■    □    ■

 戦後、体に吹き出物ができた。貧血にもなった。「ただいま」と帰宅しても両親はいない。「戦争をするから原爆を落とされる。特に、力が弱い子どもに犠牲を強いる」

 祖母や兄、姉が支えてくれた。県庁で働き、20代で被爆者の夫と見合い結婚をした。子にも恵まれた。けれども、夫は35歳でがんで亡くなった。「いつ病気になるか、不安を抱えているのが被爆者」

 兄の吉太郎さんからは被爆の思い出を聞いた覚えがない。「つらいのでしょう」

 当時を直接知る証言者は減っている。小学生たちの平和学習に触発された。「私にもできるかな」と、こみ上げる感情から生じる涙をこらえつつ、2005年ごろから本格的に証言を始めた。

 広島平和記念資料館には多くの修学旅行生たちが訪れる。証言者として子どもたちに語りかける。「平和とは、思い合う心。相手の気持ちになれば、わかり合える」と信じる。「核兵器は早くなくなってほしい。多くの人に被爆のことを知ってもらいたい。これからを生きるみなさんに、この願いを託します」(佐藤英法)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

広島総局から

「地域情報・広島」では県内の主なニュース、連載、イベント情報など多彩な話題をお届けしています!情報提供やご意見ご感想はメールでお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 広島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ