メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

9ジラジ新聞、平和号外

夢 誰が何と言おうと貫け

写真: 拡大

アシスタントDJの最後を務めるのは、水曜日担当の「やまモン」こと山本将輝さんです。

      ◇

 「有名になりたい」「ラジオに出たい」。17歳の時、漠然と思っていました。高校ではサッカーや卓球、放送部など部活を次々変え、勉強もろくにせず、毎日遊んでいました。

 最初の夢はバンドマン。ベースやギターを買って仲間を集めました。弾いてみましたが、指は痛いし、覚えるのが「ダルかった」。

 次の目標はお笑い芸人でした。高校卒業後、吉本興業のお笑い養成所に通い、中学の同級生と約3年間活動。解散を機に引退しましたが、高校の時から主催していた「お笑いライブ」は続けました。同じような夢を持つ人を応援出来るように。

 ある時、出演してくれた男子高校生の卒業ライブにMCで手伝いに行くと、大窪シゲキさんとディレクターの姿。「9ジラジ、聞いていました」と声をかけたら、「しゃべり手、目指してみない?」とオファーが。二つ返事で「はい!」って返しました。

 憧れのラジオ局で働くことになって現実に直面。レギュラーDJとして多くの番組に出たかったのに、裏方のADの仕事が増え、思うようにいかない日々。アルバイトを四つも掛け持ちしたことも。それでも「若いしゃべり手」として活躍するチャンスを信じ、諦めませんでした。

 9ジラー(リスナー)の声が心のよりどころでした。「第一志望の大学に行きたい」「声優になりたい」。様々な夢を聞き、「がんばれ」と励ます。「やまモンなら出来る」「ずっと応援しています」と逆にたくさんの応援をもらい、夢を応援出来る大人になりたいと思いました。

 17歳で描いた夢は紆余(うよ)曲折を経て30歳の今、かなっています。でもレギュラー番組をもっと担当するなど、まだまだ夢があります。経験を踏まえ、ラジオからこう全力で10代に伝えたい。

 「夢が出来たら誰が何と言おうとつかめ、貫け。夢破れても一生懸命にやっていれば次につながるから」

 おおくぼ・しげき 1979年、大阪府生まれ。07年から広島FMで「9ジラジ」(月〜木曜・午後9時)のDJとして活躍中。ご意見、ご感想は広島FMのホームページ(hfm.jp)から。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

広島総局から

「地域情報・広島」では県内の主なニュース、連載、イベント情報など多彩な話題をお届けしています!情報提供やご意見ご感想はメールでお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 広島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ