メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

9ジラジ新聞、平和号外

受験生よ、ひとりじゃない

写真: 拡大

 3月8、9日は県内の中学3年生の勝負の時。公立高校一般入試(選抜2)に挑みます。

 9ジラジからも応援し続けてきました。「自分をなめんな。勉強してきた分だけ成長している。試験前にカチカチに緊張してしまったら、それは『勝ち勝ち』ってこと。緊張は逃げれば2倍になるけれど、立ち向かえば半分になる。本番前に同じ息を吐くならため息よりも深呼吸を。自分の心と書いて息と読む。心を整えて挑もう。会場の全員で受験と戦えば一緒懸命になる。ひとりじゃない」。どんな結果であれ、ラジオはそばにいたいと思います。

 この時期になると、思い出すことがあります。僕が中学3年生の時。1995年1月17日、阪神淡路大震災が起こりました。自分の周りでも、受験どころではなくなった友人がいました。先のことなんて何も考えられない。災害によって、街だけではなく人の心も多く傷つきました。

 そんな時に優しく寄り添った方がいます。実在の精神科医、安克昌さんです。2020年にNHKでドラマとして放送されました。映画化され、広島でも上映され始めています。

 作品は『心の傷を癒すということ 劇場版』。原案は安さんの著書で、被災者の心のケアに奔走された姿が描かれています。劇中、こういう言葉があります。「誰も、ひとりぼっちにさせへん。頑張らんでええ。寄りかかってええねんで」

 僕もラジオで伝えたいことです。「傷を治すではなくて傷を癒やす」。心の傷は治せないけれど、ラジオを聴けば、その時間は心を癒やすことができるかもしれない。心に空いた穴を簡単に塞ぐことはできないけれど、音楽や言葉や声を流し込んで、少しなら隙間を埋められるかもしれない。

 ひとりで聴いていても、ひとりぼっちじゃない。そんな感じがします。だから僕はラジオが好きです。ラジオDJとしてもリスナーとしても。心が疲れきっている時は、誰かに頼ってもいいんですよ。

    *

 おおくぼ・しげき 1979年、大阪府生まれ。07年から広島FMで「9ジラジ」(月〜木曜・午後8時)のDJとして活躍中。ご意見、ご感想は広島FMのホームページ(hfm.jp)から。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

広島総局から

「地域情報・広島」では県内の主なニュース、連載、イベント情報など多彩な話題をお届けしています!情報提供やご意見ご感想はメールでお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 広島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ