メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

9ジラジ新聞、平和号外

見えないものを見る介護

写真:介護実習の体験を書いた作文で1位となった正藤風花さん 拡大介護実習の体験を書いた作文で1位となった正藤風花さん

 全国福祉高等学校長会が主催する生徒体験発表で中央審査1位に輝いたのは県立黒瀬高校福祉科3年生の正藤風花さん。介護実習について書いた福祉の作文発表会で日本一に選ばれたのです。一人でも多くの方に知ってほしくて9ジラジに電話出演してもらいました。

 「作文のタイトルは『見えないからこそ見える介護』です。実習で担当させて頂いたMさんのことを書きました。眼瞼(がんけん)痙攣(けいれん)を患い両目が閉じたままで、最初は人と話すことを諦めてしまっているように感じましたが、私はできることを考えました」

 「話しかけるときは自分の名前を言ったり、少し大袈裟な表現で言葉を返したり、手に触れるなどの工夫もしました。手を添えて花火の絵も一緒に描きました。そして実習最終日。最後の挨拶のときに、Mさんが目を見開いて私を見ながら『あなたのことをずっと忘れないよ』と涙を流して抱きしめてくれたのです」

 僕らは感動しました。相手を思う気持ちは伝わる。番組にはクラスメートや先生からもメッセージ。

 「ちょうど今、その施設で実習中です。Mさんは『黒瀬高校に孫が居るんよ』と笑顔で言われていて、私たちは正藤さんのことだと思い嬉しくなりました」「この作文を多くの方に知ってもらい、介護って奥深いし、誰かと関わることは楽しいことだと知ってほしいです。また、正藤さんが心の底から介護が好きで、相手のことを人一倍考えられる若者であることを広めて下さい。私の尊敬できる自慢の友達です」「正藤さんは授業も熱心に聞いてくれてます。今回の一件。担任の私は興奮し過ぎて眠れませんでした。(笑)」

 類は友を呼ぶ。優しい気持ちを持つ人の周りは愛で溢れますね。全員が幸せな気持ちになりました。彼女が作文を声に出して発表している動画が黒瀬高校のホームページにアップされています。全文をご覧下さい。正藤さんは最後に教えてくれました。「介護福祉士の仕事をしている父親の姿を見て、私は夢を決めました。利用者の方が安心できる環境作りができるように、見えないことにも目を向けることができる介護福祉士になりたいです」。若者は宝。未来を作る希望の光。ラジオからも全力で支え続けます。

おおくぼ・しげき 1979年、大阪府生まれ。07年から広島FMで「9ジラジ」(月〜木曜・午後9時)のDJとして活躍中。ご意見、ご感想は広島FMのホームページ(hfm.jp)から。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

広島総局から

「地域情報・広島」では県内の主なニュース、連載、イベント情報など多彩な話題をお届けしています!情報提供やご意見ご感想はメールでお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 広島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ