メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

北海道

北海道の情報

特集

2016参院選
2016参院選に関する記事と連載はこちらから。
2016高校野球
地区大会から甲子園まで、道内高校の全試合結果を掲載します。
2016年開業 北海道新幹線
2016年3月に開業した北海道新幹線に関連するニュースをお届けします。
さくらとひまわり
作家の谷村志穂さんが、日本とロシアで激動の歴史を生き抜いた人々の思いを6回にわたって寄稿します。
憲法の現場
今年公布70年を迎える日本国憲法。「国の最高法規」で身近な存在でもある憲法の現場を訪ねます。
この場所から 3.11から5年
故郷の復興を願い、道内で暮らす被災者らの思いを聞きました。
被災地とともに 震災から5年
復興の道をともに歩み、教訓を生かそうとする人々の姿を追います。
18歳のわたし
北海道テレビ(HTB)との共同企画。道内で暮らす18歳の「いま」を紹介します。
奔流 アジアと北海道
記者がみた北の大地とアジア圏を巻き込む「奔流」の最前線を紹介します。
リオへ 道産子選手たち
この夏開催されるブラジル・リオデジャネイロ五輪をめざす「道産子」アスリートらを紹介します。
戦後70年 北海道(1)
戦後70年を迎えた日本の歩みを、北海道から振り返ります。
戦後70年 北海道(2)
語り継ぐべき北海道の戦争の記憶を訪ねます。
北海道日本ハム
北海道日本ハムファイターズの情報、試合結果をお伝えします。
火曜「学ぶ」
教育、学校に関する連載「図書館発!おすすめ本箱」「うちら文化部」「知の達人たち」ほか。
水曜「生きる」
北海道発の経済や健康生活の情報を紹介。「トップに聞く」「けんこう処方箋」「逸品ひとモノ語り」など。
木曜「よむ・語る」
磯田憲一さん「木もれ日の午後に」、山口二郎さん「北への思い」、「BOOKほっかいどう」を掲載。
金曜「楽しむ」
谷口雅春さんと露口啓二さんによる「光を見に行く」、野口隆史さんの「スマホで写楽」ほかを掲載。
土曜「考える」
「Opinion北海道」、「北の文化」、「北の歴史」。多彩な視点で北海道を紹介します。
企画特集
道内の“いまの話題”を特集。「18歳の主権者」「TPP現場から」「夕張市はいま」ほか。
知の森から 朝日新聞
朝日新聞北海道支社は創立55周年を迎えました。「知の森から」をキャッチフレーズに事業を実施します。
わがまち遺産
道内には後世に伝えたい名所やユニークなスポットがいっぱい。ゆかりの人たちの思いとともに紹介します。
湯 人 話(ゆ ひと わ)
北海道には250を超える温泉地があります。道内の温泉にまつわる「人」の物語をお届けします。
がんと生きる◇元記者 高橋賢司
本紙元記者の高橋賢司さんが、がんと共に生きる日々を綴ります。
羆嵐(くまあらし)をたどって
日本最大の熊害(ゆうがい)事件「三毛別羆(ひぐま)事件」から100年。事件の真相とその後を追った。
孤高を翔ける 葛西紀明
葛西紀明選手を20年以上取材し続けるスポーツライター岡崎敏さんが執筆、葛西選手の素顔に迫ります。
サロベツ原野
幌延町在住の動物写真家、富士元寿彦さんがサロベツ原野の豊かな自然に生きる動物たちの姿を紹介します。
ほっかいどうアート紀行
道内各地にゆかりのある美術作品の数々を学芸員がご案内します。
街角アートめぐり
公園や通りなど公共空間に置かれたパブリックアート作品の見どころを、美術館の学芸員が紹介します。
HTBアナ onペーパー
北海道テレビ放送のアナウンサーが、番組の裏話や取材こぼれ話をつづります。
まち歩きのススメ
まち歩きの面白さ、多様なまち文化の魅力を、まち文化研究所主宰・塚田敏信さんが案内します。
レトロ建物グラフィティー
札幌市内に残る風情ある古き建物。往時に思いをはせながら、イラストとともにいまの姿を伝えます。
ラウンジ
道内の様々な話題やニュースを掘り下げます。
イベント
新聞に掲載された「映画」「音楽」「展覧会」「講座・講演」などのイベント情報です。
スポーツ
北海道のスポーツニュース、試合結果などをお伝えします。
コンサドーレ札幌
コンサドーレ札幌の情報、試合結果をお伝えします。
レバンガ北海道
プロバスケットボールの新北海道チーム「レバンガ」。試合結果や情報をお伝えします。
当番医
災害(けが)救急、夜間、休日の当番医案内を掲載しています。

北海道のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

前川と~るの遊園地なにこれチャレンジ! [体験・遊覧][宿泊施設のイベント]

前川と~るの遊園地なにこれチャレンジ!

  • 2016年06月01日(水) ~ 2016年06月30日(木)
  • 札幌市内から国道230号線を洞爺湖方面に約70kmJR札幌駅からバスで約90分(無料送迎バスあり)
  • ルスツの遊園地では、成功するとプレゼントも貰えるチャレンジ企画を開催。フライングエレファントで乗り物のステップがあたりゾーンにピッタリ停止するかチャレンジ! 二人一組でフライングスインガーで1回転にチャレンジ! チャレンジによって対象年齢や難易度が変わるので、子どもから大人までみんなが楽しく挑戦できる。遊園地内には、「前川と~る」の等身大フォトスポットも登場するので、一緒に撮影しよう。
ウォーターチャレンジ!~1滴残らず水を死守せよ~ [体験・遊覧][宿泊施設のイベント]

ウォーターチャレンジ!~1滴残らず水を死守せよ~

  • 2016年06月01日(水) ~ 2016年06月30日(木)
  • 札幌市内から国道230号線を洞爺湖方面に約70KmJR札幌駅からバスで約90分(無料送迎バスあり)
  • 絶叫フリーフォールで「ウォーターチャレンジ!」なまらしゃっけぇ~! でも、涼しくて最高に気持ち~ぜ! 難易度MAXのこの挑戦を成功するのはいったい誰だ!? ルール:カップに一定以上の量で多め・少なめの希望の水を入れ、その水入りカップを持ってフリーフォールに乗車。手などでフタをするのは禁止! 落下後にどれだけの水が残せるかいざチャレンジ! 失敗者にはもれなく「涼しいウォーターシャワー」をプレゼント!
目かくし&倍返しコースター! [体験・遊覧][宿泊施設のイベント]

目かくし&倍返しコースター!

  • 2016年06月01日(水) ~ 2016年06月30日(木)
  • 札幌市内から国道230号線を洞爺湖方面に約70KmJR札幌駅からバスで約90分(無料送迎バスあり)
  • アイマスクをしてコースターに乗ればスリル2倍! おもしろさ2倍! アイマスクが目隠しコースター付近のガチャガチャにて400円で販売される。また、1/10の確率でジェットコースターがなんと2回連続運行する「倍返しコースター」なるものも…。倍返しの回に当たると嬉しさ2倍! スリルも2倍! 今年もルスツの爽快アトラクションで楽しく遊び放題! ※倍返しを拒否することも可能
初夏チャレンジ 激流下りをダッキーでチャレンジ! [体験・遊覧][スポーツ]

初夏チャレンジ 激流下りをダッキーでチャレンジ!

  • 2016年06月01日(水) ~ 2016年06月30日(木)
  • 虻田洞爺湖ICより約60分JR札幌駅より路線バス約2時間
  • ルスツで大人気の尻別川での激流下りを、1~2名乗りの小型ゴムボート「ダッキー」でチャレンジしよう! ダッキーは大人数で楽しむラフティングよりもスリルは満点! 事前予約制。対象はおとな(12歳以上)。催行人数は2名以上。
【花・見ごろ】ルスツリゾート ルピナス [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][花・植物のイベント]

【花・見ごろ】ルスツリゾート ルピナス

  • 2016年06月01日(水) ~ 2016年06月30日(木)
  • 虻田洞爺湖ICより約60分JR札幌駅より路線バス約2時間
  • フラットで雄大なコースと澄んだ空気。スロープの彼方にそびえる秀峰・尻別岳。初夏の6月コース脇にはルピナスがきれいに咲く。花の香りを感じながら爽快なゴルフを楽しんでみるのもおすすめ。
【花・見ごろ】ルスツリゾート 菜の花 [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][花・植物のイベント]

【花・見ごろ】ルスツリゾート 菜の花

  • 2016年05月21日(土) ~ 2016年06月30日(木)
  • 札幌市内から国道230号線を洞爺湖方面に約70kmJR札幌駅からバスで約90分(無料送迎バスあり)
  • 「be Happy!」の合言葉で小さな子どもから大人まで幅広く・楽しく・遊べる、60数種類以上のアトラクションで北海道最大級の遊園地を持つルスツリゾート! 初夏の6月は菜の花の爽やかな香りが高原の風に乗って薫る。
第34回 八雲山車行列 [お祭り][フェスティバル・パレード]

第34回 八雲山車行列

  • 2016年07月01日(金) ~ 2016年07月02日(土)
  • 道央自動車道八雲ICより約10分JR八雲駅が最寄
  • 町民手作りのイベントとして始まった八雲山車行列は「北海道3大あんどん祭り」にの一つに数えられ、八雲市街地を20数基の山車が練り歩く様は圧巻。町内外の老若男女による様々な踊りや手作りのあんどん山車を無料観覧することができる。最終日には、すべての山車がJR八雲駅前に集まり、祭りのフィナーレを飾る。
うるうる亭公演会 [演劇・ダンス]

うるうる亭公演会

  • 2016年07月02日(土)
  • 札幌から40分JR野幌駅下車、JRバス乗換セラミックアートセンター前下車
  • セラミックアートセンターにて、江別市内の語り・一人芝居を行うグループのうるうる亭さんによる公演会を開催。演目は、えべつ俄(にわか)~あらら ここにも新幹線の巻~・(語り)雪女・おいしい石のスープはいかが 他を予定。江別観光協会認定ゆるキャラクター「えべチュン」も出演する。
地土と地酒の恋愛事情「凍土会酒器展」 [展示会・展示イベント]

地土と地酒の恋愛事情「凍土会酒器展」

  • 2016年06月04日(土) ~ 2016年07月03日(日)
  • 札幌より40分JR「野幌」駅よりJRバスへ乗換「セラミックアートセンター前」下車
  • 「凍土会」は北海道産の原料を研究し、北の風土に根ざしたやきものを創出している陶芸家13人の集まり。北海道の酒蔵による地酒にあわせた道産原料による、個性豊かな作家たちの器を楽しみに。土・日(6/11を除く)は出展作家が在廊している。また、6/5(日)14時から15時まで日本酒に関する講演や吟醸粕甘酒の無料提供(数量限定)などイベントもある。
第48回北海ソーラン祭り [お祭り]

第48回北海ソーラン祭り

  • 2016年07月02日(土) ~ 2016年07月03日(日)
  • 札樽道小樽IC~国道5号経由、約35分JR余市駅より徒歩約3分
  • かつてニシン漁で栄えた余市町はソーラン節発祥の地と言われ、民謡ソーラン節の継承普及等を目的として北海ソーラン祭りが毎年開催されている。メイン会場での様々なステージアトラクションや飲食関係の出店の他に、1日目は北海ソーラン太鼓の演奏と浴衣姿の町民によるソーラン踊りパレード、2日目は地元の農産物・水産加工品の販売や余市港での約4千発の花火の打ち上げなど多彩な催しがある。今年も余市町でお祭りを楽しもう。

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】あのジャラジャラ音から解放

    新発想 スマートなキーケース

  • 【&TRAVEL】夏の「旅育」のススメ

    旅が生きる力に〈PR〉

  • 【&M】荻原博子が家計を指南

    EU離脱で生活に三つの不安

  • 【&w】歯ぐきの危険なサインとは?

    システマハグキプラス〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム絵本作家・こしだミカさん

    「絵を描き出したのは大学生」

  • WEBRONZA核なき世界いかに実現するか

    都市と都市の連携で

  • 写真

    ハフポスト日本版 美女コスプレイヤー150選

    有名漫画家と結婚した人も

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ