メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月31日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

北海道

PR情報

北海道の情報

特集

2014高校野球
甲子園大会、道高校野球大会の全試合結果を掲載します。
孤高を翔ける 葛西紀明
葛西紀明選手を20年以上取材し続けるスポーツライター岡崎敏さんが執筆、葛西選手の素顔に迫ります。
教育2014
日本の教育を考える朝日新聞の年間企画。「食を学ぶ」「進学のいま」に続き「大学はいま」がスタート。
知の森から 朝日新聞
朝日新聞北海道支社は創立55周年を迎えました。「知の森から」をキャッチフレーズに事業を実施します。
湯 人 話(ゆ ひと わ)
北海道には250を超える温泉地があります。道内の温泉にまつわる「人」の物語をお届けします。
ほっかい食どう 育てる人びと
食材の宝庫・北海道。食と暮らしの幸福な未来像とは。土地の味を育て、人を育てる現場を歩きます。
火曜「学ぶ」
教育、学校に関する連載「進路マップ」「DJ龍太のほっとライン」「うちら文化部」「知の達人たち」ほか。
水曜「生きる」
医療や介護の視点から、健康や老後の暮らしを考えます。コラム「向老学」「けんこう処方箋」。
木曜「よむ・語る」
磯田憲一さん「木もれ日の午後に」、山口二郎さん「北への思い」、「BOOKほっかいどう」を掲載。
金曜「楽しむ」
北海道のアウトドアの楽しみを綴るコラム。森山俊さん、平田剛士さん、西川栄明さん、新目七恵さんが執筆。
土曜「考える」
北海道のこれからを考える「Opinion北海道」、多彩な筆者が地域文化を論じる「北の文化」。
3・11から3年
東日本大震災から3年。道内に避難している被災者らを訪ね、いま何が求められているのかを探る。
企画特集1
道内の“いまの話題”を特集します。「北海道新幹線」「TPP現場から」「悪意なき侵略者」ほか。
企画特集2
連載「JR北海道は再生するか」「ニッポンとロシア 札幌総領事が語る35年」ほか。
企画特集3
連載「奥尻を生きる」「新千歳の風 空港開港25年」「十勝ワイン半世紀」ほか。
企画特集4
連載「ふるさとは樺太」「シマフク郎が質問」「エネルギーの選択」「武四郎のご縁」ほか。
企画特集5
連載「がんと生きる◇元記者 高橋賢司」ほか。
企画特集6
連載「防災を問う」「主役」「語り継ぐ戦争 戦後70年へ」ほか。
ラウンジ
道内の様々な話題やニュースを掘り下げます。
イベント
新聞に掲載された「映画」「音楽」「展覧会」「講座・講演」などのイベント情報です。
当番医
災害(けが)救急、夜間、休日の当番医案内を掲載しています。
スポーツ
北海道のスポーツニュース、試合結果などをお伝えします。
北海道日本ハム
北海道日本ハムファイターズの情報、試合結果をお伝えします。
コンサドーレ札幌
コンサドーレ札幌の情報、試合結果をお伝えします。
レバンガ北海道
プロバスケットボールの新北海道チーム「レバンガ」。試合結果や情報をお伝えします。
北海道への旅 まなざしの系譜
19世紀から昭和まで、様々な旅人が見た北海道。原風景の中に、彼らの「まなざし」を探るフォトエッセー。
街角アートめぐり
公園や通りなど公共空間に置かれたパブリックアート作品の見どころを、美術館の学芸員が紹介します。
HTBアナ onペーパー
北海道テレビ放送のアナウンサーが、番組の裏話や取材こぼれ話をつづります。
まち歩きのススメ
まち歩きの面白さ、多様なまち文化の魅力を、まち文化研究所主宰・塚田敏信さんが案内します。
レトロ建物グラフィティー
札幌市内に残る風情ある古き建物。往時に思いをはせながら、イラストとともにいまの姿を伝えます。
映画館グラフィティー
昭和の香り残す古い名画座など、懐かしい映画館の思い出をイラストを添えてつづります。
2013参院選
参院選に関する記事を掲載します。
災害対策 自治体アンケート
駅 人 話(えき ひと わ)
道内各地の駅を記者が訪ね、駅にまつわる物語、周辺に暮らす人たち、そして風景を描きます。
モノから見る北海道史
遺跡などから見つかる様々なモノを通して、古代から近世までの北海道独自の歴史をたどります。
フットパスを歩こう
森や田園の風景を楽しんで歩く小道「フットパス」。道内の魅力的なコースをマップ付きで案内します。
石狩川 風景への旅
石狩川の流域を旅し、風景が内包する歴史や記憶を読み解く。現代の「新風景論」です。
駅舎 旅スケッチ
富良野市在住の画家・今井克さんが、味わいのある道内の駅舎を柔らかな水彩画と文章でスケッチします。
北の文人 立ち話
文豪・偉人の人形制作で知られる高山美香さんが、楽しいイラストとともにつづる北海道ゆかりの作家列伝。

北海道のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

ルスツ スターダストアベニュー~ロマンチックイルミネーション~ [イルミネーション・ライトアップ][宿泊施設のイベント]

ルスツ スターダストアベニュー~ロマンチックイルミネーション~

  • 2014年11月22日(土) ~ 2015年04月05日(日)
  • 札幌市内~R230/洞爺湖方面~約70kmJR札幌駅からバスで約90分(無料送迎バスあり)
  • 全長300mの道に広がる色鮮やかなイルミネーション。大小23基の「光オブジェ」、高さ5m13基の「光の塔」など、空間全体を揺らめき照らすロマンティックなムード満点のルスツリゾートの新名所。時には星降る空とともに、時には雪舞う空とともに、煌びやかにライトアップされたイルミネーションストリートで夜の散策を楽しんでは?
ルスツリゾートスキー場 オープン [体験・遊覧][スポーツ]

ルスツリゾートスキー場 オープン

  • 2014年11月22日(土) ~ 2015年04月05日(日)
  • 札幌市内から国道230号線で洞爺湖方面へ約70kmJR札幌駅からバスで約90分(無料送迎バスあり)
  • 北海道最大級スケールを誇る超ビッグなスキーリゾート。ホテルから徒歩0分のゲレンデは3つの山に展開、リフト・ゴンドラ全18基・37コース! 宿泊施設は収容総数4000名、屋内プールに、輝くイルミネーション、多彩なレストラン&ショップ等アフタースキーも充実で魅力的。もちろん世界でもトップクラスのパウダースノーや、雄大な景観もお墨付き。滑り重視派、リゾート派も満足間違いなし。
『氷点』3連続企画展 “流氷が燃える”~『続氷点』ヒロイン陽子の逢着点 [展示会・展示イベント]

『氷点』3連続企画展 “流氷が燃える”~『続氷点』ヒロイン陽子の逢着点

  • 2014年11月01日(土) ~ 2015年03月27日(金)
  • JR旭川駅から氷点橋を経由してタクシーで10分バス:旭川電気軌道80か81(旭川医大行き)神楽4条8丁目下車徒歩5分
  • 朝日新聞の懸賞小説に当選し一大ブームを巻き起こした名作『氷点』が今年で50年を迎える。それを記念した企画展を3回連続で行っている。今回は、その最後を飾るにふさわしい『続氷点』。ヒロイン陽子の心の軌跡をわかりやすく展示している。
はこだてイルミネーション [イルミネーション・ライトアップ]

はこだてイルミネーション

  • 2014年11月29日(土) ~ 2015年02月28日(土)
  • 道央道「大沼公園」ICより約1時間JR「函館」駅から市電を利用 「十字街」下車徒歩約3分
  • 「光に包まれた愛の街・函館」をテーマに、函館駅前から開港通り、教会や歴史的な建物が立ち並ぶ異国情緒あふれる元町地区など、美しい街並みや坂道がイルミネーションで彩られる。
五稜星の夢 [イルミネーション・ライトアップ]

五稜星の夢

  • 2014年11月29日(土) ~ 2015年02月28日(土)
  • 道央道大沼公園ICから約1時間JR函館駅から市電を利用約15分 「五稜郭公園前」下車徒歩約10分
  • 1989年より冬の函館・五稜郭に観光客が来たくなる様な他では真似できない事、を目的に始まった「五稜星の夢」イルミネーション。特別史跡五稜郭の堀を電球で飾り、五稜星形を浮かび上がらせるそのイルミネーションは、函館でしか楽しめない。その美しさに、思わずうっとりしてしまうこと間違いなし。
さっぽろホワイトイルミネーション [イルミネーション・ライトアップ]

さっぽろホワイトイルミネーション

  • 2014年11月21日(金) ~ 2015年02月14日(土)
  • 札幌市営地下鉄「大通」駅よりすぐ
  • 昭和56年に始まり、今では初冬の札幌を彩る風物詩として多くの人が訪れるさっぽろホワイトイルミネーションは今年で34回目。大通公園会場には、クリスマスなどをイメ-ジしたシンボルオブジェが登場、札幌駅前通りと南1条通りには揺らめく光を纏った立木を楽しめる。幻想的な雰囲気になった街並みは一層ロマンティック!
小樽ゆき物語 浮き玉ツリー [イルミネーション・ライトアップ]

小樽ゆき物語 浮き玉ツリー

  • 2014年11月15日(土) ~ 2015年01月18日(日)
  • JR函館本線「小樽駅」を利用
  • 約200個の、漁業に使われるガラス製の浮き玉をモチーフにし、電飾を施した「浮き玉ツリー」。一風変わったクリスマスツリーとして注目され、観光客や地元の人たちが毎年足を運ぶ。遠くから見ると浮き玉だと気付かなかったという声も上がるように、浮き玉のイメージを変えるかわいらしいツリーとなっている。
小樽ゆき物語 第2章 Otaru Snow Story 2014-2015 [展示会・展示イベント][体験・遊覧][イルミネーション・ライトアップ]

小樽ゆき物語 第2章 Otaru Snow Story 2014-2015

  • 2014年11月15日(土) ~ 2015年01月18日(日)
  • JR函館線「小樽駅」から徒歩8分
  • 冬の小樽を満喫するさまざまなイベントが市街地で行われる「小樽ゆき物語」。小樽の街並みをさらに幻想的に演出する小樽ならではの「浮き玉ツリー」や「青の運河」などのイルミネーション、クリスマスや冬の雑貨が集まる「Otaru Zakka Marche」など、期間中には、小樽の魅力を感じることができるイベントが盛りだくさん。「Otaru Machi Go-han」と称して、市内の飲食店では自慢の料理を用意。
第73回企画展「絵を彫る・刷る~浮世絵彫り師・摺師の仕事~」 [展示会・展示イベント][展覧会]

第73回企画展「絵を彫る・刷る~浮世絵彫り師・摺師の仕事~」

  • 2014年11月22日(土) ~ 2015年01月18日(日)
  • 道央自動車道「旭川鷹栖」ICより6.3km、約25分JR旭川駅南口西側からクリスタル橋経由で徒歩約10分
  • 江戸時代からはじまり、現在に至るまで人びとの心をとらえ続けている浮世絵の製作過程を、浮世絵を彫る・刷る職人の道具や実際に刷りあげられた浮世絵とともに展示する。また会期中には、現在活躍している浮世絵摺師による浮世絵刷りの実演も行う。
ハロウィンパーティー [フェスティバル・パレード][観察・ウォッチング]

ハロウィンパーティー

  • 2014年10月31日(金)
  • JR名寄駅を利用
  • Drマーティン恐怖の手術室ミッションに挑戦できる「ハロウィンパーティー」を開催。モンスターミニミュージアムや、ハロウィンハウスでの読み聞かせなど、色々体験できる一日。その他各商店街を回り「トリックオアトリート」と言うとお菓子がもらえるなど、ハロウィンパーティーを楽しむ事ができる。

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング寒い朝の味方「着る毛布」

    ぐっすり眠る冬のポカポカ寝具

  • ブック・アサヒ・コム画数の多い漢字が好き

    キーンさんが語る日本語修行

  • 【&M】雪中救助で有名な超大型犬

    生涯で40人を助けた伝説も

  • 【&w】長く使えるロッキングチェア

    「ソーシャルな、お買い物。」

  • Astand陥りがちな「昔は良かった」

    その幻想から脱却を

  • 写真

    ハフポスト日本版 西洋人が魅せられた世界

    鮮やかな江戸・明治期の写真

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報