メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

北海道

北海道の情報

特集

伝えたい 胆振東部地震
北海道は最大震度7の地震の始めて体験しました。みなさんの声を届けます。
聞く戦争ー戦後73年ー
73年前に何が。北海道ゆかりの戦争体験者の言葉に耳を傾けました。
甲子園への道~高校野球2018
甲子園を目指す戦いが始まりました。今夏は記念すべき100回大会。地区大会から全試合結果を掲載します。
特集「北海道150年」
「北海道」命名から150年。北の大地の現在地、歴史。様々な角度から「150年」を考えます
奥尻とともに 南西沖地震25年
あの日から25年。被災地奥尻島に寄り添い、可能性を信じ、魅力を発信する人たちを訪ねました。
キタのネタ~話題のニュース
ネットニュースやSNSで注目を集めた「いいね!」なエピソード。北海道から発信した話題をまとめました。
岐路の鉄路~北の鉄道
全路線の半分が単独維持困難とするJR北海道。路線網はどうなるのか。鉄路を巡るニュースを追います。
戦え!コンサドーレ札幌2018
J1残留を果たした北海道コンサドーレ札幌。新体制で更なる高みを目指す戦いぶりをお伝えします。
GO!ファイターズ2018
大谷選手去りて清宮選手来たる。目が離せない北海道日本ハムファイターズの情報をお伝えします。
行け!レバンガ北海道2018
Bリーグを戦うプロバスケットチーム「レバンガ北海道」の情報や試合結果をお伝えします。
憲法の現場から
日本国憲法施行から71年。憲法は私たちの生活にどのように関わっているのか。憲法記念日を機に考えます。
北海道あっちこっち
北海道内の旬の自然や動物たち、グルメやお祭り情報を紹介します。
2017衆院選
2017衆院選に関する記事と連載はこちらから。
響けハーモニー/吹奏楽・合唱
みんなをつなぐ音楽の力。朝日新聞が応援する吹奏楽と合唱の話題・ニュースをお届けします。
甲子園への道~高校野球2017
地区大会から南北大会、甲子園まで全試合結果を掲載します。
隣人たち
LGBTを公的に認める「パートナーシップ制度」。制度開始を待つ人々の素顔を紹介します。
知の森から/イベント情報
朝日新聞北海道支社の主催事業や「映画」「展覧会」「音楽」「講座・講演」などの情報です。
語り継ぐ戦争 戦後72年
戦争の教訓や記憶を後世に継承しようと取り組む人々を取材しました。
憲法といま―施行70年―
日本国憲法が施行されて70年。さまざまな動きが相次ぐいま、北海道でも考えたい。
あの日を忘れない 震災から6年
震災から6年。復興の道をともに歩む人々の姿を追います。
叶える力
北海道から挑み、未来図を描く人たちに会いに行った。「叶える」人だけがわかる世界とはどんなものだろう。
話題を深掘り「ラウンジ」
道内の様々な話題やニュースを掘り下げます。
ニュースに迫る!連載まとめ読み
道内の“いまの話題”を特集。「『連続台風』から1年」「旭山動物園」「再審無罪」ほか。
火曜「学ぶ・育む」
教育、学校に関する連載「どさんこSTREET」「図書館発!おすすめ本箱」「知の達人たち」ほか。
水曜「働く・暮らす」
北海道発の経済や健康生活の情報を紹介。「トップに聞く」「けんこう処方箋」「逸品ひとモノ語り」など。
木曜「カルチャー・考える」
外岡秀俊さんの「道しるべ」、「BOOKほっかいどう」を掲載。
金曜「ライフ・楽しむ」
シニア世代を応援するコラム「わたし色」、神村正史さん「心臓病と走る」を掲載します。
土曜「聞く・語る」
「スクエア」、「ひと模様」、「北の文化」。多彩な視点で北海道を紹介します。
道内スポーツ
北海道のスポーツニュース、試合結果などを掲載。道産子選手の活躍も紹介します。
わがまち遺産
道内には後世に伝えたい名所やユニークなスポットがいっぱい。ゆかりの人たちの思いとともに紹介します。
ほっかいどうアート紀行
道内各地にゆかりのある美術作品の数々を学芸員がご案内します。
まち歩きのススメ
まち歩きの面白さ、多様なまち文化の魅力を、まち文化研究所主宰・塚田敏信さんが案内します。
レトロ建物グラフィティー
札幌市内に残る風情ある古き建物。往時に思いをはせながら、イラストとともにいまの姿を伝えます。
HTBアナ onペーパー
北海道テレビ放送のアナウンサーが、番組の裏話や取材こぼれ話をつづります。
18歳のわたし
北海道テレビ(HTB)との共同企画。道内で暮らす18歳の「いま」を紹介します。
北方領土を語る
日ロ首脳会談を前に、領土問題の解決と日ロ関係はどうあるべきかー。関係者や識者らに聞いた。
語り継ぐ戦争 戦後71年
戦後71年、みなが苦しんだ「あの時代」を生き抜いた人たちを記者が訪ねます。
思い出の夏/2016高校野球
北海高校の準優勝で幕を閉じた2016年夏の甲子園。その軌跡と道内高校の全試合結果を収録。
新幹線がやってきた2016
2016年3月に開業した北海道新幹線に関連するニュースをまとめました。
憲法の現場
今年公布70年を迎える日本国憲法。「国の最高法規」で身近な存在でもある憲法の現場を訪ねます。
この場所から 3.11から5年
故郷の復興を願い、道内で暮らす被災者らの思いを聞きました。
被災地とともに 震災から5年
復興の道をともに歩み、教訓を生かそうとする人々の姿を追います。
がんと生きる◇元記者 高橋賢司
本紙元記者の高橋賢司さんが、がんと共に生きる日々を綴ります。
サロベツ原野
幌延町在住の動物写真家、富士元寿彦さんがサロベツ原野の豊かな自然に生きる動物たちの姿を紹介します。
当番医
災害(けが)救急、夜間、休日の当番医案内を掲載しています。
2016参院選
2016参院選に関する記事と連載はこちらから。

北海道のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

白い恋人パーク イルミネーション 2018-2019 [体験・遊覧][イルミネーション・ライトアップ]

白い恋人パーク イルミネーション 2018-2019

  • 2018年11月02日(金) ~ 2019年03月31日(日)
  • 道央自動車道札幌ジャンクション「新川」IC出口より約10分地下鉄東西線「宮の沢」駅から徒歩約7分
  • 約10万球の電球が白い恋人パークを煌びやかに彩る。約10mのメインツリーやサンタのソリは写真スポットとして人気。今年は「キャンディ・シューター」でモンスターを狙い射つプロジェクションマッピングゲーム『Sweets Excite Shooting』、氷を使わない特設スケートリンク『SWEETS Skate Fantasy』の2つのアトラクションも登場。白い恋人パークで思い出に残る冬を過ごそう。
第38回さっぽろホワイトイルミネーション [イルミネーション・ライトアップ]

第38回さっぽろホワイトイルミネーション

  • 2018年11月22日(木) ~ 2019年03月14日(木)
  • 札幌市営地下鉄「大通」駅下車すぐ
  • 初冬の札幌を彩る風物詩として定着した「さっぽろホワイトイルミネーション」は、今年で38回目を迎える。昭和56年、大通公園西2丁目広場から約1千個の電球で始まったイルミネーションは、年々その規模・内容ともに充実し、国内を代表するイベントに成長を続けている。各会場の美しい光の世界を楽しもう。
滝上・道の駅「イルミネーション」 [イルミネーション・ライトアップ]

滝上・道の駅「イルミネーション」

  • 2018年11月30日(金) ~ 2019年02月28日(木)
  • 北紋バス「ホテル渓谷」バス停下車
  • 滝上町の夜を彩る「大イルミネーション」が登場。今年も冬の夜空の下、暖かく輝く。ドライブの途中に立ち寄ってみるのもおすすめ。11月30日(金)16時から点灯式を開催! 初日は来場の子どもたちに先着でミニプレゼントが!
小樽ゆき物語 [展示会・展示イベント][体験・遊覧][イルミネーション・ライトアップ]

小樽ゆき物語

  • 2018年11月01日(木) ~ 2019年02月17日(日)
  • JR函館線「小樽」駅から徒歩8分
  • 冬の小樽を満喫するさまざまなイベントが市街地で行われる「小樽ゆき物語」。小樽の街並みをさらに幻想的に演出する小樽ならではの「浮き玉ツリー」や「青の運河」などのイルミネーションや「キャンドル・バー」、「ガラスアートキャラリー」など、期間中には、小樽の魅力を感じることができるイベントが盛りだくさん。余市ゆき物語と同時開催。
小樽ゆき物語 浮き玉ツリー [イルミネーション・ライトアップ]

小樽ゆき物語 浮き玉ツリー

  • 2018年11月01日(木) ~ 2019年01月31日(木)
  • JR函館本線「小樽」駅から徒歩約10分
  • 約150個の、漁業に使われるガラス製の浮き玉をモチーフにし、電飾を施した「浮き玉ツリー」。一風変わったクリスマスツリーとして注目され、観光客や地元の人たちが毎年足を運ぶ。遠くから見ると浮き玉だと気付かなかったという声も上がるように、浮き玉のイメージを変えるかわいらしいツリーとなっている。
ファミリー文学館「大本靖の版画でたどる北海道四季の風景」 [展覧会]

ファミリー文学館「大本靖の版画でたどる北海道四季の風景」

  • 2018年12月01日(土) ~ 2019年01月20日(日)
  • 地下鉄中島公園駅から徒歩6分
  • 大本靖(1926~2014年)は、北海道の自然をテーマに版画制作を続けた。多色刷木版の印象的な構図と色調により雄大なスケール感や繊細・可憐な表情を表現し、多くを魅了してきた作家。取材地は道内各地に点在している。今回の展覧会ではそれらの土地を訪ね歩く趣向で作品を展示し、あわせて各地にちなむ文学を紹介。展示室内をめぐりながら旅気分で北海道の自然の豊穣さ、四季折々の情景を絵画と文学で堪能しよう。
ミュージアムカレッジ「あさひかわ・身近な不思議発見!」 [講座・講演・シンポジウム]

ミュージアムカレッジ「あさひかわ・身近な不思議発見!」

  • 2018年11月11日(日) ~ 2019年01月13日(日)
  • 道央自動車道旭川鷹栖ICより約6kmJR旭川駅より徒歩約15分
  • 身近な動植物や石碑等について、諸分野の領域から講師が話題を提供する。定員は30名。申込みは10/26(金)の午前9時から電話で。
第44回学術講演会~講演と音楽の夕べ~(中標津町総合文化会館) [音楽イベント][講座・講演・シンポジウム]

第44回学術講演会~講演と音楽の夕べ~(中標津町総合文化会館)

  • 2018年11月15日(木)
  • 中標津バスターミナルから徒歩約3分
  • 札幌学院大学は、中標津町並びに中標津町教育委員会との地域交流協定締結を記念して、11月15日(木)に中標津町総合文化会館(コミュニティホール)にて「第44回学術講演会~講演と音楽の夕べ~」を開催する。前半は札幌学院大学心理学部 大宮秀淑 准教授による講演、後半はノール室内合奏団弦楽四重奏による演奏会。※事前申込必要
デビッド・マシューズ&札幌ジャズアンビシャスディナーショー [音楽イベント][芸能人・著名人][飲食店のイベント]

デビッド・マシューズ&札幌ジャズアンビシャスディナーショー

  • 2018年11月17日(土)
  • 中央バス天狗橋停留所より徒歩約3分
  • インターリュード定番人気となっているデビッド・マシューズ氏のジャズライブと、スペシャルゲストのWink相田翔子さんとのコラボライブが開催! 感動のジャズミュージックと素敵な歌声・トークを心行くまで楽しもう。
極の誘ひ 詩人吉田一穂展 ―あゝ麗はしい距離(デスタンス)、 [展覧会]

極の誘ひ 詩人吉田一穂展 ―あゝ麗はしい距離(デスタンス)、

  • 2018年09月22日(土) ~ 2018年11月18日(日)
  • 地下鉄南北線中島公園駅(3番出口)または幌平橋駅(1番出口)下車徒歩6分
  • 北海道出身の詩人・吉田一穂(よしだ・いっすい、1898~1973年)の生涯とその詩の世界を写真・書画・書簡などの資料で紹介。東西文明への深い洞察力と鋭い批評性をたたえ、今なお近代詩の極北に位置づけられる吉田一穂の世界を堪能しよう。

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】圧迫感にサヨナラ!

    快適な開放型イヤホン

  • 写真

    【&TRAVEL】美食も自炊も「地獄蒸し」で

    楽しいひとり温泉

  • 写真

    【&M】街を埋めつくすグラフィティ

    NYの“異様”な光景

  • 写真

    【&w】きれいな色のニット

    ファッションニュース

  • 写真

    好書好日宝塚の美、元スターが伝授

    ヅカファンの男性が試してみた

  • 写真

    WEBRONZA海を漂う魚の幼生の謎を追う

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン山本編集長が語る選ぶべき靴

    ビジネスで最適な一足とは?<PR>

  • 写真

    T JAPANクリュッグの新しい愉しみ

    6代目当主オリヴィエに聞く

  • 写真

    GLOBE+検査は万能ではありません

    連載「英国のお医者さん」

  • 写真

    sippo野生化した猫も元飼い猫

    都内で「森ネコ」の飼い主探し

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ