メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ほっかいどうアート紀行【ほっかいどうアート紀行】

アイヌ民族を描いた早坂文嶺(松前)

写真: 拡大

写真:早坂文嶺「アイヌ絵(武者幟下絵)」(19世紀中頃、紙本着色)=余市町所蔵 拡大早坂文嶺「アイヌ絵(武者幟下絵)」(19世紀中頃、紙本着色)=余市町所蔵

 余市町の重要文化財・旧下ヨイチ運上家には、高さ3メートルに及ぶ幟(のぼり)の下絵が展示されています。江戸時代、端午の節句には、男児の成長を願い武者を描いた幟を飾る風習があったようで、この幟にも弓を持つ武者が描かれます。ただし武者とともに、アイヌ民族とおぼしき人々が描かれたものは、他に類を見ません。

 作者の早坂文嶺(1797〜1867)は、幕末に山形から松前に渡り、アイヌ民族の姿や風俗を画題にした絵巻や掛け軸を複数手がけました。江戸時代の絵の基本は、お手本そっくりに描くこと。しかしながら文嶺は、お決まりの絵に一工夫加え、独自の絵をつくりました。

 この幟は、力自慢の平安時代の英雄・源為朝が、配流先の島の住人と力比べをする、「島の為朝」と呼ばれる伝統的な画題で、葛飾北斎が、当時のベストセラー「椿説弓張月」の挿絵に描き、広く知られたおなじみの画題でした。文嶺の幟は、その島の住人を、アイヌ民族を思わせる衣装や容貌(ようぼう)に変えた、北海道版「島の為朝」図と言えます。

 (春木晶子・北海道博物館)

ここから広告です

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】美食家・魯山人の教えを再現

    424回混ぜた“究極の納豆”を

  • 写真

    【&TRAVEL】パキスタンと中国の国境へ

    玄奘三蔵が歩いた道・帰路編

  • 写真

    【&M】2人が考える服の見せ方とは

    鈴木えみと落合陽一がコラボ

  • 写真

    【&w】無性に食べたくなるタイ料理

    おんなのイケ麺

  • 写真

    好書好日美人姉妹と火山の奇妙な関係

    温泉地奇譚「噴煙姉妹」刊行

  • 写真

    WEBRONZA小泉純一郎から中国への手紙

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン西島秀俊が望んだ“現場” 

    不器用ゆえに掴んだものとは

  • 写真

    T JAPANダレン・ベイダーとは何者か?

    不条理な現代をアートで示す

  • 写真

    GLOBE+aiboは人に問いかける

    ヒトとロボットの快適な関係は

  • 写真

    sippoけがした猫を引き取り治療

    女性が保護活動を続ける理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ