メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースに迫る!連載まとめ読み【あるがまま魅せる 旭山動物園の50年】

(1)行動展示、生んだ14枚のスケッチ

写真:アザラシが円柱水槽を通り抜けると、来園者は歓声を上げていた=2016年12月、旭川市の旭山動物園、白井伸洋撮影 拡大アザラシが円柱水槽を通り抜けると、来園者は歓声を上げていた=2016年12月、旭川市の旭山動物園、白井伸洋撮影

写真:旭山動物園の歩み/旭山動物園の入園者数 拡大旭山動物園の歩み/旭山動物園の入園者数

■「命の本質見せたい」夜ごと議論/一時閉園危機も

 深さ約3メートルのプールで、カバが優雅に水中を舞う。カバが近づくと、女性たちが「来た、来た!」と声をあげ、一緒に写真に納まろうとポーズを取っていた。

 東京から来た30代のカップルは「カバのイメージと全然違う」「期待を裏切りませんね」と喜んだ。

 ペンギンは水中トンネルの周りを飛ぶように高速で泳ぎ回り、アザラシは体を伸ばして垂直の円柱水槽を通り抜けていく。動物たちが躍動する姿に大人も子どもも歓声をあげる。

     *

 日本最北の動物園、旭山動物園は半世紀前の1967年、旭川市東部の旭山(標高295メートル)を切りひらいてオープン。約15万平方メートルの敷地で約110種類の動物が飼育されている。

 動物本来の生き生きとした姿を見せる手法で、国内外から見物客を呼び込む。入園者数は一時、年間300万人を超え、今も年間150万人以上が訪れる人気ぶりだ。

 その道のりは苦難の連続だった。高度成長期に全国で動物園建設が推進され、旭川市でも計画が浮上。だが市議会は保守と革新の対立で紛糾し、動物園の事業費を盛り込んだ予算案は委員会で否決され、本会議で辛くも可決された。

 開園後も娯楽の多様化などで入園者数は伸び悩む。

 理想の動物園とは――。当時、飼育係長だった小菅正夫・前園長(68)は、後の絵本作家、あべ弘士さん(68)ら飼育員2人、新人獣医師の坂東元・現園長(55)と夜ごと語り合った。わき出た動物舎のアイデアを、あべさんがカレンダーやチラシの裏面に描いていった。「14枚のスケッチ」。後にそう呼ばれることになる。

 94年にはエキノコックス症で飼育動物が死に一時休園。入園者は激減し、閉園が現実味を帯びた。

 だがその年、菅原功一市長(当時)が誕生すると、潮目が変わった。翌95年、園長に就いた小菅さんが菅原市長を前に約2時間にわたり、「動物園は子どもたちが命の本質を感じ取れる場所」と説いた。1億円の施設整備費が認められた。

     *

 小菅さんたちは「スケッチ」の実現に動き出した。

 まず97年、動物と触れ合える「こども牧場」と、水鳥が自由に飛び回る巨大な鳥かごの中に見物客が入れる「ととりの村」をつくった。翌98年には、客の頭上にヒョウが寝そべる「もうじゅう館」ができた。

 「動物本来の動きをありのまま見せれば、客も楽しい」。4人が導き出した手法は、小菅さんにより「行動展示」と名付けられた。

 ぺんぎん館、ほっきょくぐま館、あざらし館、きりん舎・かば館……。その後も入園者増で潤った自前の財源などを活用し、「行動展示」の施設を次々に建設していった。

 ただ斬新な分、建設は難航した。動物の専門家などから「ペンギンが水中トンネルに激突する」「(高さ17メートルの)空中放飼場からオランウータンが落ちるのでは」と心配された。

 それでも、すべての施設の設計に関わる坂東さんには自信があった。「これで死ぬようなら、野生の環境で生き残れていない」

 開園当初から議論を積み重ねて練り上げてきたからこそ、理想を貫く覚悟は揺るがなかった。

     ◇

 旭山動物園が今夏、開園から50年を迎える。「行動展示」の先駆けとなった動物園はどうやってできたのか。その歩みを振り返り、その未来像を探る。

 〈+d〉デジタル版に動画

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】これぞ老舗の貫禄のカレー!

    口福のカレー

  • 写真

    【&Travel】京の盆行事「五山送り火」

    今年の夏は全灯予定<PR>

  • 写真

    【&Travel】降りられるのは真夏の2日だけ

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&M】女性がお茶を入れる会議

    なぜだめなのか

  • 写真

    【&w】ココナツ香るゴーヤ炒め

    料理家冷水希三子の何食べたい

  • 写真

    好書好日ナンシー関の傑作集を刊行

    消しゴム版画で振り返るあの頃

  • 写真

    論座電気代高騰をめぐる“我慢”

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンたき火で作るラタトゥイユ

    山小屋おやじ・シゲさんの一品

  • 写真

    Aging Gracefully更年期&フェムのケア

    いつまでも美しく健やかに

  • 写真

    GLOBE+逮捕、毒殺未遂…不屈の精神

    「プーチンが最も恐れた男」

  • 写真

    sippoかみ癖がある猫

    おおらかな家でのびのび成長中

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ