メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ【2017冬季アジア札幌大会】

スマイルJ、大勝発進 アイスホッケー

写真: 拡大

写真:第2ピリオド、チーム4点目のゴールを挙げて喜ぶ大沢=白井伸洋撮影 拡大第2ピリオド、チーム4点目のゴールを挙げて喜ぶ大沢=白井伸洋撮影

 平昌五輪の出場決定から6日。「余韻に浸っている暇はない。日々成長するチャンスがある」と山中監督から発破をかけられた日本女子が、カザフスタンに大勝発進した。

 スピードで差を見せたのは、第2ピリオド(P)の13分52秒。反則で1人が退場し、不利な時間帯だった。自陣で奪ったパックをFW米山が左サイドから運び、ゴール前のFW大沢が4点目を決めた。米山は「(大沢が)絶対いいスティック(シュート)を出してくれると信じた」。

 今大会、選手で決めた目標の一つは「シュート60本以上、被シュート10本以下」。この試合はシュート58本、被シュート3本で目標に迫った。もう一つ掲げたのは「5試合無失点、全勝、金メダル」。初のアジア女王へ、視界は良好だ。

 (渡辺芳枝)

 ▽女子

日本(1勝・勝点3) 6―0 カザフスタン(1敗・勝点0)

(2―0、3―0、1―0)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ