メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたと選ぶ北海道重大ニュース【「あの時」北海道】

1964年 三浦綾子さんの「氷点」入選

写真: 拡大

写真:「1千万円懸賞小説」の表彰で賞状と賞金を受ける三浦綾子さん=1964年7月21日、朝日新聞東京本社(当時) 拡大「1千万円懸賞小説」の表彰で賞状と賞金を受ける三浦綾子さん=1964年7月21日、朝日新聞東京本社(当時)

 旭川出身の大作家、三浦綾子さん(1922〜99)のデビュー作「氷点」は1964年7月10日、「朝日新聞1千万円懸賞小説」での入選によって世に出た。

 破格の賞金額とともに、地方の無名の主婦の受賞も注目を集め、大ベストセラーに。66年にはテレビドラマがブームとなり、最高視聴率42%を記録した。三浦さんはその後も旭川で生涯を過ごし、「塩狩峠」「泥流地帯」などの名作を生み続けた。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ