メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

金曜「ライフ・楽しむ」【わたし色】

カフェに漂うあいまいさの心地 美馬のゆり

写真: 拡大

●公立はこだて未来大教授・美馬のゆりさん

 このごろ喫茶店という言葉があまり聞かれなくなり、カフェに変わってきました。

 喫茶店には昭和のレトロな感じが漂い、カフェにはオシャレで開放的なイメージがあるようです。カフェには色々な人がやってきます。パソコンで仕事をする人、本を読む人、おしゃべりに花が咲くグループも。

  □  ■  □

 ちょっと違ったカフェもあります。「サイエンスカフェ」をご存じでしょうか。

 1990年代後半に英国やフランスでほぼ同時期に始まった活動です。難しいと敬遠されがちな科学について、コーヒー片手に専門家の話を聞きながら、みんなで語り合うのです。日本では2004年の科学技術白書で紹介され、各地に広がっています。

 20世紀、私たちを幸せにすると考えられていた科学技術。それが地球温暖化を引き起こし、世界規模の問題になってきたり、遺伝子組み換えや生殖医療技術など、私たちの身近な問題となってきたりしました。

 専門家に任せるだけでなく、自分たちも理解し考えてみようというわけです。一方、研究や政策を進める人たちが専門家でない人の意見に耳を傾けることも必要です。

 時を同じくしてパリでは、「哲学カフェ」が出現しました。これも日本で広がってきています。ちょっと難しそうですが、実は科学より身近なものかもしれません。「生きる意味とは」「老いとどう向き合うか」「親子の関係とは」など、日常生活や経験について、自分の感情をちょっと突き放して考えることを楽しむのです。

  □  ■  □

 人に話したり、議論したりするのが恥ずかしいと思われがちな問題も、カフェという空間ではできてしまうから不思議です。「○○カフェ」には一定のルールがあります。プライバシーを尊重し、人の意見に耳を傾ける。発言の長さや回数にも気を付ける。最終的に一つの答えを出すことが目的ではありません。

 日本には江戸の昔から、軒先、縁側、路地裏、井戸端など、公的な空間と私的な空間の間に、あいまいな空間が存在します。ここでは、どういう人たちが出会い、コミュニケーションが生まれるか、すぐにイメージが浮かんできます。内側と外側、形式と非形式、日常と非日常。そのどちらでもない、あいまいなところに気軽さ、心地よさがあります。

 静かな広がりを見せる「○○カフェ」。時を超え、海を越え、このあいまいさが私たち日本人にしっくりくるのかもしれません。皆さんも一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

ここから広告です

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】携帯型アロマディフューザー

    「香り」を持ち歩く生活

  • 写真

    【&TRAVEL】飛・高山城と「古い町並」

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】吉本実憂“やばい”女の子役

    映画『レディinホワイト』

  • 写真

    【&w】鹿児島の焼酎でも肴は魚介

    クリトモのさかな道

  • 写真

    好書好日熱きボクサー時代を絵本に

    南キャン・しずちゃんの思い

  • 写真

    WEBRONZA自民党と北方領土の関係

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン日本人が知らないオレゴン

    観光客を魅了するわけとは?

  • 写真

    T JAPAN連載・この店の、このひと皿

    南インドの定食「ミールス」

  • 写真

    GLOBE+静かに白人が動いた

    中間選挙に見えた変化の芽

  • 写真

    sippoモデル・松島花さん

    保護猫の情報発信をする理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ