メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

水曜「働く・暮らす」【けんこう処方箋】

熱中症、重症度に応じ3分類 高橋豊

写真: 拡大

写真: 拡大

写真:<イラスト・佐藤博美> 拡大<イラスト・佐藤博美>

●KKR札幌医療センター・小児科特任部長 高橋豊

 暑い日が続き熱中症の話題が増えてくる季節が来た。発症のピークは、気温が最も高い8月より、暑い環境に身体が適応する前の7月中〜下旬が多いとされる。

 こどもは成人に比べ「体温中枢が未熟」「体重あたりの体表面積が大きく熱を受けやすい」「運動による熱産生が成人より多いにもかかわらず発汗能力が低いため、気化がうまくいかない」などの理由で熱中症になりやすい。

 ただ、暑い日に高熱を出すと救急外来を訪れることも多いが、それが熱中症の熱であることはまれで「熱中症ならこんなに元気にはしていられませんよ」とお話しすることになる。また、熱中症の熱に解熱剤は効かない。

 熱中症とは「暑熱環境における身体適応の障害によって起こる状態の総称」と定義される。従来は症状から「熱失神」「熱けいれん」「熱疲労」「熱射病」の4病態に分類していた。だが、明確に区別することは難しく、日本救急医学会では重症度に応じた対処を明記した1〜3度の分類を提唱している。

 1度熱中症(従来の熱失神、熱けいれん)は長時間直射日光にあたって皮膚の末梢(まっしょう)血管が拡張した結果、脳血流低下が起こることによるめまいや、大量発汗に対して水分だけが補給されたことでナトリウム欠乏性脱水となった結果、筋けいれん(こむら返り)などの症状を呈する。

 2度熱中症(従来の熱疲労)は病状が進行して体温が上昇し、著しい発汗により脱水が進行した状態だ。頭痛、嘔吐(おうと)、倦怠(けんたい)感、虚脱感、集中力や判断力の低下などの症状になる。

 3度熱中症(従来の熱射病)は、意識障害やけいれんなどの中枢神経症状、腎、肝、血液障害が現れる緊急事態である。

 1度熱中症になった場合は、まずは風通しの良い日陰や室内に移動させ、速やかに身体を冷やす。衣服を脱がせ、ベルトや下着は緩めて、身体から熱を放散させる。氷のうなどを両側前頸部(けいぶ)、わきの下、鼠径(そけい)部にあてて冷やすなどの冷却処置を行う。水を飲めるならば、経口補水液を摂取させる。

 それで改善しない場合や2度の症状、特に意識障害が現れた場合は、速やかな医療機関への搬送が必要だ。またこれからの季節、気温や天気予報の暑さ指数などを参考にしながら、運動量の調整や水分、塩分の補給を適切にすることで予防することが最も重要となる。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ