メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

特集「北海道150年」【「あの時」北海道】

1932年 南部忠平がロス五輪金

写真:ロサンゼルス五輪三段跳びで金メダルを獲得した南部忠平選手の跳躍=1932年、ロサンゼルス 拡大ロサンゼルス五輪三段跳びで金メダルを獲得した南部忠平選手の跳躍=1932年、ロサンゼルス

写真: 拡大

 札幌生まれの南部忠平が1932年、ロサンゼルス五輪の陸上三段跳びで道産子初の金メダルを獲得した。

 北海中(現・北海高)で本格的に陸上を始め、動物園のサルを見て跳躍の研究をしたという。金メダルの前年には走り幅跳びで7メートル98の世界記録(当時)を達成。南部は後年、「8メートルにあと2センチ届かなかったのが心残り」と語った。1997年、93歳で亡くなった。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ