メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

まち歩きのススメ【まち歩きのススメ】

■おみやげ編 バター飴

写真:榊原製飴所が販売した「牛酪飴(バター飴)」の缶。丸缶はおそらく戦前のもの。八雲町郷土資料館所蔵 拡大榊原製飴所が販売した「牛酪飴(バター飴)」の缶。丸缶はおそらく戦前のもの。八雲町郷土資料館所蔵

写真:左:榊原製飴所で使用された「バター飴製造器」。ふたを開けるとバターの濃厚な香り 右:町民の冷凍庫に眠っていた「榊原のバター飴」。八雲町郷土資料館所蔵 拡大左:榊原製飴所で使用された「バター飴製造器」。ふたを開けるとバターの濃厚な香り 右:町民の冷凍庫に眠っていた「榊原のバター飴」。八雲町郷土資料館所蔵

写真:現在道内で販売されているさまざまなバター飴のパッケージ 拡大現在道内で販売されているさまざまなバター飴のパッケージ

■一世風靡 懐かしの味

 かつて、北海道土産の代表格として人気を集めた「バター飴」。「午前中に配達した店から、午後にまた注文が来た」と卸屋さんがあきれるほど売れたのが、昭和30〜40年代。団体旅行を中心に旅行ブームが起こった頃だ。

 バター飴といえば八雲町。主産物のでんぷんが第一次大戦後に暴落したため、これを原料に活かす製飴工場が開業。そして1922年に榊原安茂が始めた榊原製飴所が、31年に創製したのが、飴の中にバターを入れた「バター飴」だった。商品名「牛酪飴」の横に“バター”と添えられている。

 戦後になると、雪印乳業が50年から製造販売を開始。また早くから酪農に取り組んでいた渡島当別(現北斗市)のトラピスト修道院では、03年に発酵バターを完成させ、55年には「トラピスト・バター飴」を製造。さらに参入が続きバター飴の黄金時代が訪れる。

 八雲町郷土資料館に榊原製飴所のバター飴の缶が保存されている。バター色の洗練されたデザインで、もし今あれば即お土産に買ってしまうだろう。榊原製飴所は2004年に2代目幹男さんの死去で廃業。その後町内の建設会社が「牛酪飴」の名で製品化し、のちに八雲高校でも取り組んだが、今はどれもない。

 でも「バター飴」は健在だ。土産店には道南、小樽、北見などでつくられる製品が並ぶ。でも私は郷土資料館に展示された製造器をのぞき込んだ時の、あの鮮烈なバターの芳香が忘れられない。一世を風靡(ふうび)し今も愛されるバター飴。その原点は、もう味わえない?!

 (文と写真・塚田敏信)

PR情報

ここから広告です

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】図書館で絶品パンケーキを

    武蔵境駅徒歩1分の注目スポット

  • 写真

    【&TRAVEL】駿河湾の男衆が女装して踊る

    「天下の奇祭」大瀬まつり

  • 写真

    【&M】スパイス鮮烈のインド料理

    アジャンタ(東京・町)

  • 写真

    【&w】親になる許しを義父に請う?

    連載・わたしのみつけかた

  • 写真

    好書好日正しい道はひとつじゃない

    人気絵本「コんガらガっち」

  • 写真

    WEBRONZA誰のせい?予算100兆円超

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンスーツの正しい測り方とは?

    気になるポイントを解説

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第38回

  • 写真

    GLOBE+私も11歳で結婚させられた

    当事者が撮った児童婚の映画

  • 写真

    sippoダニが気になる猫タワー

    ついに撤去すると、抗議の声

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ